Site Feedback

頑張ってインドネシア

昨日の4時に、私は起きて、顔を払いましたが、ベッドに戻りました。Yahooのページを開けるときに、「Kelud山が噴火しました」と言う情報を読みました。しかし、眠いので、また寝てしまいました。6時に下宿でたくさん人の声が聞こえたので、起きました。
「なにがあったのですか?」自分に言いながら、ドアーを開けました。やっぱりその声が下宿の友達の声です。
「フィター姉ちゃん、これを見てください!」彼らのうちの一人は私に言いました。いすに座った人が五人います。
「え、それは何ですか?火山灰?」私は聞きながら、オートバイの上にグレイな何かを示しました。
「はい。Kelud山の火山灰です。」
「そうですか。ジョグジャカルタまで...」すごく爆発と思いました。
Kelud山はジャワ島東部で一つの活火山です。13日の23時ぐらいに噴火しました。メラピ山のほうが多きですが、その火山灰がジョグジャカルタとソロまで広がりました。
火山灰は下宿のヴェランダにとても濃いので、皆が居間しかいません。どこへも行けませんし、何もできませんでした。しかし、お腹が空いたので、三人は、私に連れて、料理店へ行かなければなりませんでした。マスクをかけて、サングラスをかけて、ズボンやトレパンなどを履いて、レインコートを着て、傘を差して、アリエンのみたいであそこへ行ってきました。道でだれにも会いませんでしたので、恥ずかしくなった。しかも、状態が...
現在、私の国で災害がたくさんあります。水害、Sinabung山の噴火、Kelud山の噴火まで、苦しいと思います。頑張ってインドネシア!(:

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    No corrections have been written yet. Please write a correction!

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More