Site Feedback

言語さま

 

言語さまは、時々返る。招待を求めなくて心の中の旅館にきて留まる。
「日本語さま、お久しぶりでございます!」
「人生は泡沫夢幻ので、人間の幾年は、われわれについて蝶が羽ばたきのようだ。」日本語さまが笑った。

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    言語さま

    言語さまは、時々帰る帰ってくる。求めなくて招待しなくとも心の中の旅館にきて留まる。
    「日本語さま、お久しぶりでございます!」
    「人生は泡沫夢幻ので、人間の幾年は、われわれにとって蝶が羽ばたきするかのようだ。」日本語さまが笑った。

     

     

     

    詩的な文章ですね。特に、「~さま」という仮名書きが、何だかとても良いと思いました。:D

     

    言語さま

    言語さまは、時々返る。招待を求めなくて心の中の旅館にきて留まる。
    「日本語さま、お久しぶりでございます!」
    「人生は泡沫夢幻ので、人間の幾年は、われわれについて蝶が羽ばたきのようだ。」日本語さまが笑った。

     

    言語の精霊

    言語の精霊は屡々蘇る。求めずとも心に来たりて留まりぬ。

    「言霊さま、お久しぶりでございます」

    「人生は泡沫夢幻、人の世の幾年は、蝶の羽ばたきに如かず」言霊さまが笑った。

     

     

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More