Site Feedback

私と日本語

日本語を勉強するのは今までもう1年半に経った。最初の迷いと不安は目標を分かれば分かる程だんだん消えてしまった。希望している未来は本当に実現できるかどうか、自信があまり多くないが、一応心のあの所へ行こうと思う。
 今思い出したっら、日本語が好きになったのは中学時代からだ。大学入试をした后で希望を書き込めようとしている時、元は第一希望がメディア専門で、第二のは日本語専門だったが、最終、日本語学科に採用された。結果を知った時、心の中に浮かべたのは第一希望に採用されなかった残念ではなくて、逆に採用されたのは日本語専門だったのラッキーだ。あの時から、「確かに縁があるね。」ともっと深くに信じた。
 この縁のおかげで、日本語にとても熱心を持っている。もちろん特に疲れや嫌な時期もあるが、これらの困難を勝った時の楽しさは自然にそれらを征服できる力になれる。だから、日本語を勉強している時、困難があったが、とても辛い頃がなかった。全て色んな楽しさが感じられる。
 今年、日本語能力試験の一級を受けるつもりだ。この近いうちにの目標に目指して、原動力がどんどん沸き起こしている。日本語を勉強したり、目標に行ったり、これからももっと楽しいだろう。

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    私と日本語

    日本語を勉強するのは今までもう1年半に経った。最初の迷いと不安は目標を分かれば分かる程だんだん消えてしまった。希望している未来は本当に実現できるかどうか、自信があまり多くないが、一応心のあの所へ行こうと思う。
     今思い出したっら、日本語が好きになったのは中学時代からだ。大学入试をした后で希望を書き込めようとしている時、元は第一希望がメディア専門で、第二のは日本語専門だったが、最終、日本語学科に採用された。結果を知った時、心の中に浮かべたのは第一希望に採用されなかった残念ではなくて、逆に採用されたのは日本語専門だったのラッキーだ。あの時から、「確かに縁があるね。」ともっと深くに信じた。
     この縁のおかげで、日本語にとても熱心を持っている。もちろん特に疲れや嫌な時期もあるが、これらの困難を勝った時の楽しさは自然にそれらを征服できる力になれる。だから、日本語を勉強している時、困難があったが、とても辛い頃がなかった。全て色んな楽しさが感じられる。
     今年、日本語能力試験の一級を受けるつもりだ。この近いうちにの目標に目指して、原動力がどんどん沸き起こしている。日本語を勉強したり、目標に行ったり、これからももっと楽しいだろう。

     

    私と日本語

    日本語の勉強を始めて、今でもう一年半経った。最初の頃にあった迷いや不安は、目標がはっきりするにつれて、だんだん消えて行った。希望どおりの未来を本当に実現することができるかどうかは、あまり自信はないが、一応目標に向かって突き進もうと思う。

    思い起こせば、日本語が好きになったのは、中学時代からだ。大学入試が終わった後、希望を書き込むとき、第一希望はメディア専門、第二希望は日本語専門にしていた。最終的には、日本語専門に合格した。結果を知った時、心に浮かんだのは、第一希望に合格しなかった残念さよりも、むしろ、合格したのが日本語専門だったのはラッキーだ、ということだった。あの時から「確かに、日本語には縁があるね。」という思いをさらに強くした。

    この縁のおかげで、日本語に対して、とても情熱を持っている。もちろん、日本語の勉強で疲れた時や、勉強が嫌になった時もあるが、これらの困難に打ち勝った時の喜びは、自然と、さらなる困難に打ち勝つ原動力となる。だから、日本語を勉強している時、困難はあったが、とても辛いと思う時は、なかった。

    全て色んな楽しさが感じられる。

    今年、日本語能力試験一級を受けるつもりだ。この目先の目標に対して、やる気がどんどん湧き起っている。日本語を勉強したり、目標に向かって努力したりして、これから、もっと楽しくなるだろう。

     

    「好きこそ物の上手なれ」ということわざがありますよ。後、丁寧語の「です」「ます」を文末につけたほうが、文章が上品になりますよ。加油!

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More