Site Feedback

暖かい春が訪れ、花が咲く

雪がやっと消えて、春が訪れると、どこもかしこも生命力が満ち溢れています。いろいろな木がいっぺんに芽を吹き出し、桃の花とか、桜とかたくさんの花が争って咲きます。小鳥は南から飛んできた、鶯の声が聞こえます。動物は冬眠を終わり、目を覚まします。古くから伝わる言葉によると、一年の計画の鍵は春にあります。そのとおりです。田畑の中で、農民は田植えをしたり、世間話をしたりしています。にぎやかですね。
ところで、日本の春と言えば、桜は一番深い印象を残ります。日本には、春に桜を眺める花見という風習があり、多くの人が桜の下に嬉しく見物します。桜は日本全国で見られ、春の象徴として人々に親しまれてきます。「花の雲 鐘は上野か 浅草か」は松尾芭蕉の俳句で、桜の美しさを描写しています。
つまり、春になると、風は穏やかに吹き、日がうららかです。だから、友達を誘って、一緒に春のピクニックをしようではありませんか。

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

     

    暖かい春が訪れ、花が咲く

    雪がやっと消えて(ようやく溶けて)、春が訪れると、どこもかしこも(至る所に)生命力が満ち溢れています/ます。いろいろな木がいっぺんに(一斉に)芽を吹き出し、桃の花とか、桜とか(桃や桜などの)たくさんの花が争って競って咲きます。小鳥は南から飛んできた(訪れ)、鶯の声が聞こえます。動物は冬眠を終わり終えて、目を覚まします。古くから伝わる言葉(or 中国(~地方の)の言い伝え)によると、一年の計画の鍵は春にあります。そのとおりです(その通りだと思います)。田畑の中で、農民は田植えをしたり、世間話をしたりしています。にぎやかですね。
    ところで、日本の春と言えば、桜は一番深い印象を残ります与えます。日本には、春に桜を眺める花見という風習があり、多くの人が桜の下嬉しく 楽しく見物します。桜は日本全国で見られ、春の象徴として人々に親しまれてます。「花の雲 鐘は上野か 浅草か」は松尾芭蕉の俳句で、桜の美しさを描写しています。
    つまり、春になると、風は穏やかに吹き、日がうららかです。だから(△ この機会に)友達を誘って、一緒に春のピクニックをしようではありませんか(ピクニックに出かけましょう)。

     

    とても素敵な文章ですね:)意味もイメージも100パーセントわかります。黄色い箇所は何となく違和感を感じた箇所で、間違えではないのですが、参考の一例として言い回しを紹介しました。

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More