Site Feedback

日本幸せに生活します

日本で僧侣といえば英知、博识の象徴とされ、非常に尊敬を受ける职业である。
もし僧侣の生活を想像しろと言われたら、多くの人は落ち着き、寡欲で平淡と形容するだろう。だが日本僧侣の真実の生活は、想像上のものと大きな隔たりがある:妻を娶り子を产む和尚、テレビ番组の司会者になる尼がいれば、ビジネスを起こす者までいる。日本僧侣の生活を豊富多彩と形容しても、决して言いすぎではないようだ。

中には“二束の草鞋を履”いている僧侣もいる。例えばある人が知り合いの日本和尚について话したら、寺の住职のほか优れたエンジニアでもあり、7,8个の特许を持ち、贸易会社を経営する头の切れる商人でもある。信じがたいが、映画监督を职业としている日本和尚までいる。

“兼职僧侣”出现の原因は非常に简単である。日本の寺院の多くは世袭性で、住职が円寂(仏教徒が死ぬこと)した后、継承するのはその息子である。前に述べたエンジニアの和尚は、彼の父亲が生きていた时すでにエンジニアであった。父亲が亡くなった后、寺の住职は自然と彼に移り、双方ともに配虑せざるを得なくなった。この种の现象は日本社会も认めている。

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    No corrections have been written yet. Please write a correction!

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More