Site Feedback

Undecided questions
「気付かぬうちに」の「ぬ」

I was listening to a song 'Arigato' by Kokia and came across this sentence in the lyrics 「気付かぬうちに」.
I know in Japanese language, some words are omitted and replaced to make it easier to say like for example, 知らない becomes 知らね.
Is 気付かぬうちに also the same? But it uses a -u vowel instead of a -e vowel...

For learning: Japanese
Base language: English
Category: Language

Share:

2 comments

    Please enter between 2 and 2000 characters.

     

    Answers

    Sort by:

      OOPT

    ぬ is one of the word 助動詞. 動詞の連用形に接続します。
    連用形ですから、Adjective 「ない」 に接続するときと同じように使います 

    気づかぬうちに→ 気付か(Verb's conjunction to adapt adjective) + ない(=ぬ) + うちに(=間に) 

    「気付かないうちに」と「気付かぬうちに」はだいたい同じ意味です。
    なぜ動詞じゃなく助動詞を使っているか、というと、歌詞ですから、文字数を考えなくては
    ならないという理由もあるでしょうし、
    文語的な理由ですが、助動詞「ぬ」は話し手がしようとしたのではなく、「動作・作業が自然と推移し、完了することを示す」、という本来の意味もあるでしょう。

    この歌詞は
    「ふっと気付くとあなたはいない。 思い出だけを残して」
    と続きます。

    「ない」は気づく時間が短かいときでも長いときでも使えます。
    「ぬ」は自然と推移し移り変わる時間が必ず必要です。

    「気付くチャンスは何度もあったけれども」という意味を「ぬ」は持っているので、それを意識して使っているのかもしれませんね。

    Submit your answer


    Please enter between 2 and 2000 characters.

    If you copy this answer from another italki answer page, please state the URL of where you got your answer from.