Site Feedback

Resolved questions
ある質問を手伝ってくれませんか

 

天気予報は「晴れ、所により雨」と言っている。どこが晴れる(のやら)、降る(のやら)わからない。はっきりしてほしい。
質問:括弧の中には「~とか~とか」を使うのはダメですか?
「~とか~とか」の使い方は「たしかA(と言っていた)。はっきりしない情報を表す」という場合で使うので、例文にはちょうどいいではないですか?
よろしくお願いします。

For learning: Japanese
Base language: Japanese
Category: Language

Share:

0 comments

    Please enter between 2 and 2000 characters.

     

    Answers

    Sort by:

      OOPT

    Best Answer - Chosen by Voting
    「どこが晴れるとか、降るとかわからない」は正しくないです。

    kimさんが書いたように、「とか」は「たしかA(と言っていた)。はっきりしない情報を表す」ときもあります。例文を見てみましょう。
    例文1) 「さっきちょっと聞いたんだけど、田中さん、来月ハワイに行くとか言ってたよ。」「へぇ~ハワイかー。いいなぁ。」

    次に例文2)です。
    例文2)「さっきちょっと聞いたんだけど、田中さん、来月ハワイに行くって言ってたよ。」「へぇ~ハワイかー。いいなぁ。」

    1)と2)はほとんど同じですよね。でも、1)の話のほうがちょっと不確かです。1)なら、もしかすると、田中さんの行き先はハワイじゃなくて、グアムかもしれません。このように、聞いた情報をちょっと曖昧に引用するのが「とか」です。

    質問の文、「どこが晴れる(のやら)、降る(のやら)わからない」は、引用ではありません。この文は、「どこが晴れるのか、どこが降るのか、私は全然分からない」という意味です。(間接疑問文の「・・・か~か 分からない」は知っていますよね。)

    例文3)教授に作文を見てもらったが、「ふむふむ」と言うだけで何も言ってくれない。これでは、いいのか悪いのか分からない。

    例文4)教授に教授に作文を見てもらったが、「ふむふむ」と言うだけで何も言ってくれない。これでは、いいのやら悪いのやら分からない。

    「・・・やら~やら」は、間接疑問文の中で「・・・か~か」と同じ働きをします。でも、「・・・やら~やら」のほうが、「全然分からない!はっきりしてほしい!ちゃんと教えてほしい!」という気持ちが大きいです。

    (の)はあってもなくても大丈夫です。

    質問の文は「晴れ、所により雨=だいたい晴れだけど、”どこか”では雨。
    じゃあその”どこか”はどこなのか、ちゃんと教えてほしい」という意味です。

    http://www.weblio.jp/content/%E6%89%80%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8AのWebより引用

    所により
    分野:
    地域に関する用語
    意味:
    現象が地域的に散在し、複数の地域を指定して表現することで冗長な表現になる場合に用いる。
    天気概況などで必要に応じ、「・・‥所がある」のように言い換えをしてもよい。たとえば、「所により雷を伴う」は「雷を伴う所がある」としてもよい。
    備考:
    a) その発現域の合計面積が、対象予報区全体の50%未満である。
    b) 予報に対して用い、実況に対しては「ところどころ」を用いる。

    特定の場所を示さない言い方。所によって。
    「関東地方は夜、―小雨が降るでしょう」

    特に意識したことなかったのですが、この質問で意味が分かりました。

    「〜とか」でも、大丈夫だと思います。ただ、3つ以上使わないほうがいいですね。しつこく聞こえるので。

    Submit your answer


    Please enter between 2 and 2000 characters.

    If you copy this answer from another italki answer page, please state the URL of where you got your answer from.