Site Feedback

Resolved questions
平仮名と片仮名の使い方を困惑します

意味同じの時、平仮名と片仮名の使い方を困惑します。
例えば、「パンフレット」と「案內」どちらが良いですが?

For learning: Japanese
Base language: Japanese
Category: Language

Share:

0 comments

    Please enter between 2 and 2000 characters.

     

    Answers

    Sort by:

     

    Best Answer - Chosen by Voting
    ひらがな=bacecally used in conjunction(また、だから、でも...), interjection(あら、まあ!...), particle(に、へ、が、の...), auxiliary verb(です、ます、だ、ようだ...)
    カタカナ=bacecally used in a word from abroad(ガム、カーテン、ジャズ、スペル...), onomatopoeia(バタン、ガシャン、シーン...), animal, plant, some vegetables(レタス、トマト、スイカ...) some fruits(グレープフルーツ、メロン...)

    More correctly, either of ひらがな or かたかな should be okay when it comes to animal, plant, vege and fruits. But it could be more natural that you write in カタカナ.

    「パンフレット」is easy than「案内or案内書」.  「案内」 souns formally .

    同じ意味のときは 平仮名か片仮名か どちらでもOKです。
    でもたくさん質問して 区別できるように がんばって くださいね♪

    *usually
    平仮名 ; from japanese ex...手紙(てがみ)、友達(ともだち)、米(こめ)、眼鏡(めがね)、電車

    片仮名 ; from foreign country ex...FAX、トイレ、ハンバーグ、コンタクトレンズ、バス

    Submit your answer


    Please enter between 2 and 2000 characters.

    If you copy this answer from another italki answer page, please state the URL of where you got your answer from.