Site Feedback

Undecided questions
弁別をおしえていただけないでしょうか:ところへ ところに ところで ところを

弁別をおしえていただけないでしょうか:

すりは乗客の財布をすって電車を降りようとした( )私服警官に捕まった。
1.ところへ
2.ところに
3.ところで
4.ところを

For learning: Japanese
Base language: Japanese
Category: Language

Share:

0 comments

    Please enter between 2 and 2000 characters.

     

    Answers

    Sort by:

     

    正解は4、「ところを」だと思います。すりは電車を降りようとした時に警察に捕まったという意味です。

    弁別ってあまり使わない言葉ですが、違いを教えてくれっていうことですか?それとも、正解を教えてくれっていうことですか?
    とりあえず正解は3です。
    1と2は全然意味がなりたたない。
    4は、一見正しいように思えるが正確には間違い。
    完全に無理のない文章は3です。

      OOPT

    これは、問題集か何かからの質問ですか?出題者の意図としては正解は4だと思います。でも、3の文も正しいです。

    まず、「ところへ」と「ところに」は同じです。
    「ところ」は基本的に「場所」という意味ですから、ここで、「(場所)へ/に」の基本的な働きを思い出してみましょう。

    学校へ 行く。
    家に 帰る。
    部屋に 入る。

    「(場所)に/へ」に続くのは、「行く」とか「帰る」「入る」など方向性をもった動詞です。
    「ところに/へ」の「ところ」は、具体的な場所というより、何かが起こっている(または、何かをしている)場面、状況を表します。その場面/状況に、別のものが「来る」「入ってくる」というのが、「ところに/へ」の意味です。
    ですから、「~ところへ/に」の後ろには、「入る」「来る」「話しかける」など方向性を持った動詞を使わなければなりません。
    (例)
    出かけようとしたところに電話がかかってきた。

    「ところで」「ところを」も同じように考えることができます。

    「ところで」は全体の時間の流れのうち、特定の時点に注目し、その状況、場面”で”次の行動をする、または変化が起こるという意味です。
    「(場所)で」の後にいろいろな動詞を続けることができるのと同様、「~ところで」の後にもいろいろな動詞を続けることができます。
    (例)
    話の区切りが付いたところで、終わることにしましょう。
    大急ぎで走り、飛び乗ったところで電車のドアが閉まった。

      OOPT

    「を」の後に続くのは、他動詞ですね。(「公園を歩く」などは自動詞ですが、そのことは今は考えないでください。)
    どろぼうを捕まえる。
    人を 助ける。
    迷子の子どもを 見つける。

    「(人が)~ところを・・・」は、「~の場面・状況でその人”を”・・・する」という意味です。
    (例)
    (私は)こっそりタバコを吸っているところを先生に見つかった。
    男は、金庫からお金を盗み出そうとしているところを現行犯で逮捕された。
    人々がぐっすり寝込んだところを突然の揺れが襲った。

    これらは「先生は私を見つける」「男を逮捕する」(これらの例文では、受身的表現を使っていますが)「人々を襲う」という文が基本になっていて、下のように言い換えることができます。

    こっそりタバコを吸っている私を、先生は見つけた。
    金庫からお金を盗み出そうとしている男を、現行犯で逮捕した。
    ぐっすり寝込んだ人々を、突然の揺れが襲った。

    後ろの動詞は、他動詞のなかでも「見る」「見つける」「逮捕する」「襲う」「助ける」などがよく使われます。

    質問の文ですが、

    すりは乗客の財布をすって電車を降りようとした( )私服警官に捕まった。

    「すりは、私服警官に捕まった」。言い換えれば「私服警官はすりを捕まえた」んですね。「を」がありますから、「ところを」を使います。

    こちらにもいい説明がありますから、見てみてください。
    http://www.guidetojapanese.org/forum/viewtopic.php?pid=44463

    混乱するとよくないので、少し説明しますね。
    すりは乗客の財布をすって電車を降りようとしたところ( )私服警官に捕まった。
    上の文の( )に何かを入れて文を作るとすれば、
    1.すりは乗客の財布をすって電車を降りようとしたところ(で)私服警官に捕まった。
    2.すりは乗客の財布をすって電車を降りようとしたところ(を)私服警官に捕まった。
    3.すりは乗客の財布をすって電車を降りようとしたところ( )私服警官に捕まった。
    の三種類が考えられます。それぞれの意味は
    1.すりは乗客の財布をすって、電車を降りようとしたところ(で)私服警官に捕まった。
    というのは、すりが捕まった場所を強調した表現です。~したところで、というのは、場所を強調しているのです。
    2.すりは乗客の財布をすって電車を降りようとしたところ(を)私服警官に捕まった。
    というのは、すりが捕まった時間的な位置、つまり瞬間を強調しています。
    3.すりは乗客の財布をすって電車を降りようとしたところ(、)私服警官に捕まった。
    というのは、どちらとも限定せず、捕まった環境を言っているだけです。この場合、捕まった事実を伝える意識が強いともいえます。

    このように、それぞれ意味が違ってきます。ただ、本来「ところ」というのは、場所のことですから、場所を限定する意味の「で」が最も正しいのですが、「ところ」ということで、時間的な場所を限定することも普通なので、犯人がどんな瞬間に捕まったのかを強調したい場合は、「を」を使います。
    これらは、日本人でも曖昧に、なんとなく理解していることですから、理解できなくても仕方ないと思いますよ。

    Submit your answer


    Please enter between 2 and 2000 characters.

    If you copy this answer from another italki answer page, please state the URL of where you got your answer from.