Site Feedback

Resolved questions
「だろう」の使い方

みなさん。。質問があります。
日本語の文法なんですが。。

感激して言ったりするときは「だろう」を使えるでしょうか?
文法の本の中にはこの例文があります。
「月を見て」ああ、なんときれいな月だろう。。
「みかんをたべながら」なんておいしいんだろう。。

でも私はあまりわからなくて、、説明してもれませんか??できれば、他の本から例文を教えてください。。Websiteからも必要です。
ありがとうございます。。

For learning: Japanese
Base language: Japanese
Category: Language

Share:

0 comments

    Please enter between 2 and 2000 characters.

     

    Answers

    Sort by:

     

    Best Answer - Chosen by Voting
    「だろう」の使い方
    1.不確かな事を表す(たぶん/おそらくという単語を省略している)
    例)明日は雨がふるだろう。
      この本は田中さんの物だろう。

    2.感嘆文
    対象のものが、あまりにも予想外で、いいあらわしようがない。あまりにも感激した時。
    例)・あの犬はかわいい。(平叙文)
       あの犬はなんてかわいいんだろう!(感嘆文)
      ・あなたは優しい。
       あなたはなんて優しいんだろう!

    文型:
    [なんて/ なんと]+述語+[こと、の/ ん]+だろう
    です。

    3.疑問文
    例)あの人は誰だろう。
      田中さんじゃないかな。

    yuriさんの説明にあるように、「だろう」を感嘆文で使う場合は、必ず「なんと」や「なんて」が必要です。つまり、
    この犬は、なんてかわいい犬だろう。というのは、この犬のかわいさは、なんて表現すればいいのだろうか?つまり、この犬のかわいさは、言葉でいは言い表せないほどかわいい犬だ。ということなので、「なんて~だろう」が感激していることになるわけです。

    Submit your answer


    Please enter between 2 and 2000 characters.

    If you copy this answer from another italki answer page, please state the URL of where you got your answer from.