Site Feedback

Resolved questions
日本人の皆様は会話言葉で「た」と「ている」より「ていた」をよくお使いになりますか?

例えば、「昨日田中さんと会ってた」なら「会った」より「会ってた」。
    「私はさっき隠してた」なら 「隠した」と「隠してる」はだめですか?
    「田中さんはそう言ってた」なら「言った」と「言ってる」もだめですか?
   ただの過去を表す時は「た」でしょう?
   過去に出来る、そして今に結び付くなら「ている」でしょう?
皆様、教えていただけませんか?

For learning: Japanese
Base language: Japanese
Category: Language

Share:

0 comments

    Please enter between 2 and 2000 characters.

     

    Answers

    Sort by:

    Best Answer - Chosen by the Asker
    「昨日田中さんと会ってた」と言う文は、昨日のある時間に、瞬間的にではなく、ある一定の時間会っていたことを意味します。
    「昨日、田中さんに会った」は、昨日田中さんに会ったという事実だけを言っていて、瞬間的なのか、長時間なのかは言及していません。
    例、
    A「昨日は何をしたの?」
    B「昨日は田中さんに会ってたよ」
    AはBが昨日、長い時間田中さんと会っていたのだろうと思う。
    B「昨日は田中さんに会ったよ」
    この答えだと、他に何かしたのかもしれないと感じる。
    B「昨日は田中さんにずっと会ってたよ」
    田中さんに会っていたこと以外していない、に近い意味だと感じる
    B「昨日は田中さんにずっと会ったよ」
    この文章は成立しない。なぜなら、会ったという瞬間のことだから。
    つまり、「会った」と「会っていた」は会った時間の長さを言及しているかしていないかということの違いです。

    「私はさっき隠してた」というのは、さっき、ある一定の時間、何かを隠していたけど、今は隠しているのか、隠していないかはわからない。
    「私はさっき隠した」というのは、隠した行為は過去の瞬間のことであって、長さは言及していない。
    「私はさっき隠してる」というのは、過去と現在が混ざっているので矛盾するからダメ。「私は隠している」なら、OK。

    「田中さんはそう言ってた」・・田中さんがそう言ったところを直接体験して、そのことを他人に伝えている文章。(田中さんの現在の意思は不明)
    「田中さんはそう言った」・・・単に田中さんが過去にそう言ったという事実だけを言ってる文章。(直接的か間接的に聞いたのかは不明、田中さんの現在の意思も不明)
    「田中さんはそう言ってる」・・・田中さんがそう発言したのは現在より以前だが、田中さんの現在の意思も変わりないことを伝えている文章。

    こまかいことを言えば、いろいろと例外があるかもしれませんが、概ね上記のような違いがあると考えていいと思います。

    Submit your answer


    Please enter between 2 and 2000 characters.

    If you copy this answer from another italki answer page, please state the URL of where you got your answer from.