Site Feedback

Resolved questions
日本英語教育、ご意見は?

 

私は日本人に英語を教えたことがよくあります。
ですが、やはり日本の英語教育は駄目のようです。
英語会話の練習を全然しないようです。

私の希望は日本に英語が自然に入ってくることです。
そしたら、高い英会話を買う必要や英語ができないから外国に行けないことなんて、まったくなくなります。

皆さんの日本英語教育の意見はいかがでしょうか。
日本人の自分の英語教育について、意見を教えていただけませんか。
なんでもいいですから、とにかく、英語先生として、日本英語教育に興味深いです。


よろしくお願い致します^^

For learning: Japanese
Base language: Japanese
Category: Culture

Share:

0 comments

    Please enter between 2 and 2000 characters.

     

    Answers

    Sort by:

     

    Best Answer - Chosen by Voting
    私は、日本で英語教育を受けて良かったと思っています。日本で英語を基礎から習っていたおかげで、現地の人たちより英語の文法を理解していると思いますし、大学の言語学の教科でも現地の生徒より良い成績を収めることができました。大学卒業後、移民して来た方たちや現地の非識字者に英語を教えていたことがありますが、会話重視で基礎を習っていない生徒さんたちより、喋れなくても基礎がしっかりしている生徒さんたちの方が伸びるのが速かったように思います。ですから、私は日本の英語教育の問題点は、教え方そのものというより、習ってもそれを実際に使ったり、練習したりするところのない環境にあると思っています。それに英語は、会話だけができれば良いというものではありませんし。

    日本の英語教育課程はすなわち大学入学試験対策で有り他の意味合いは薄いと言われています、近年諸外国の影響により、多少の改革はなされつつありますが、大きく変わる事はないのとは思います、但し 国際化による帰国子女も増えたので英語による教育課程を持つ学校が出来ています、またこの現状に危機感のある父母は高校課程を外国の学校で取らせ、外国の大学を目指す子女もいると言うのが現状であると思います。

    英語の勉強をしている人が本当に将来英語を使いたいと思うことが大事だと思います。日本の中学校や高校では必須科目だから、大学受験に必要だからという理由で勉強する人が多いと思います。英語だけに限定せず、なぜ日本語以外の語学を勉強することに意義があるのかを生徒に伝えることが重要だと思います。海外旅行に行ける、外国の人と会話が出来るようになる、仕事で有利、留学が出来るなど人によって様々な動機があると思います。私が個人的に思うのは、母国語と違う言語を勉強するということは異なった文化を理解することに役立ちます。語学を勉強するほど気付くのですが、英語にはあって日本語にはない表現、またその反対で英語に絶対に直訳できない日本語は多くあります。違う言語で物事を考えれる、表現できるようになるということはその人の視野を広げてくれると思います。「あなたはなぜ英語を勉強したいの?」とまず考えてもらうことが大切だと思います。

    皆さんのおっしゃる通り、日本の英語教育は日本の大学に入るためのもので、「生きた英語」「世界で通じる英語」ではありません。中学・高校を通して6年間英語を勉強しますが、学校の英語教育はだけで英語を話せるようになる人は皆無と言って良いでしょう。私が習っていた頃は英語を話せない、発音も正しくできない日本人の先生たちが教えていました。今では公立の学校でも英語を母語とする先生がいますが、授業は月に数回で十分ではありません。文法ばかりを難しく教えるので、英語嫌いな人、コミュニケーションのとり方がわからないために外国人を怖がる人さえたくさんいます。私の英語レベルも決して高いとは言えませんし会話力はひどいものですが、何かを伝えたいと思うときは、知っている単語を並べながら話せばなんとか理解してもらえます。私がもったいないと思うのは、何かやりたいことがあるときに「英語が話せないから」と諦めてしまうことです。HCastさんのおっしゃるように目的を持って英語を学ぶことが大切だと思います。

    今では小学校から習っている英語ですが,現実的に普段生活していく中で,受動的に英語を話したり聞く機会が圧倒的に少ないことが現状です.文法も母国語と全く異なる言語を話せるようになるためには,普段からその言語を話す機会が必要です.それが日本人にとっての英語であり,このことが,英語が母国語ではないのにも関わらず,流暢に英語を話すことのできる国と異なる点でしょう.しかしながら,日本は島国であり,その他の英語圏もしくは英語が浸透している国々から物理的に離れている以上,このことを解決することは不可能でしょう.日本の学校で,多く見積もっても一日一時間の英語学習といっても,先生と生徒の比率を考えたとき,集団授業という形式を取らざるを得ません.従って,生徒一人当たりの英語での発言時間は限られています.これを解決するには英会話学校に通うなど,お金を払うしかないように思います.
     これは冗談ですが,現在の太平洋プレートの運動が数千万年続いて,日本とハワイが衝突すれば,この問題は解決できると思います.ただここで私が強調したい点は,繰り返しになりますが,日本と他の英語圏が物理的に離れており,日常的かつ受動的に英語を話す機会がないということです.従って,『日本に英語が自然に入ってくる』ことは残念ながら不可能です.この点を踏まえると,日本の英語教育について考えたとき,もちろん教員の質という点もありますが,それは現状での最善を尽くしている,としか言わざるを得ないと思います.

    Submit your answer


    Please enter between 2 and 2000 characters.

    If you copy this answer from another italki answer page, please state the URL of where you got your answer from.