Site Feedback

Undecided questions
体の部分を作った表現(idiom)

日本語で体の部分を作った表現が色々です。例えば、口がうまいや足が早いや鼻が高いなどが。
このような表現が知っていたら伝えて下さい。その表現の意味も教えて下さい。
どうも有難う。

For learning: Japanese
Base language: Japanese
Category: Language

Share:

2 comments

    Please enter between 2 and 2000 characters.

     

    Answers

    Sort by:
    体の部分を *使った 表現 ですね。色々あります。

    足を引っ張る = 邪魔をする
    顔から火が出る = すごく恥ずかしい思いをする
    肩をもつ = 味方をする
    口が堅い = 秘密を守る
    口が滑る = うっかり言ってはいけないことを言ってしまう
    首を長くする = 楽しみにしている
    手につかない = 他のことに気をとられて集中できない
    鼻にかける = 自慢する
    へそを曲げる = 機嫌を損ねる

    TAKAKOさんのはとても良い例ですね!
    あと、よく使うものでは、
    目を丸くする=とてもおどろく
    肩を落とす=とてもがっかりする
    足を洗う=(悪いことを)やめる
    ・・・意外と出てきません・・・。

      OOPT

    そういうのは「慣用句」といいます。

    では続きを。

    手を染める=(犯罪に)関与する
      麻薬取引に手を染める
    手を出す=(悪いこと・しないほうがいいことを)始める
      麻薬に手を出す 先物取引に手を出す
    身に覚えがある=「自分がしたかもしれない」と思い当たることがある
    目から鱗が落ちる=新しいことを知って新鮮な気持ちになる
    胸がいっぱいだ=悲しみ・喜びなどの感情があふれて他には何も考えられない
    胸(心)が痛む=他の人の悲しみや苦しみを自分のことのように感じて辛い
    耳にタコができる=何回も同じことを聞いてうんざりする
    目玉が飛び出る=とてもびっくりする
    眼中にない=全く問題にしていない
    耳にする=(人から)聞く
    口にする=言う、食べる
    目にする=見る
    手にする=持つ
    気にする=少し心配する
    気になる=少し心配になる

     

    みんなすごいですね。

    背に腹は代えられぬ = 目の前の大事なことのためにほかのことを犠牲にするのはやむを得ない
    足元をすくわれる = 油断する
    死人にくちなし= 死んだ人はしゃべれない
    壁に耳あり = 誰かに聞かれているという事がある
    しょうじに目あり = 誰かに見られている事がある
    腹いせ = 怒りなどを、他人にぶつけてまぎらわせる

    頭がいい=賢い
    頭にくる、もしくは腹が立つ=怒りがこみあげる。
    眉をひそめる=他人の態度に不快・不満を感じる。
    目をつぶる=文字通り「目を閉じる」という意味もありますが、他の使い方として見ないふりをする。
    大目に見る=人の失敗などを厳しく問わず、寛大に扱う。
    目先=すぐ先にある物や事柄。
    口に合う=おいしい
    耳をすます=集中して聞く
    頬張る=頬とはほっぺのことです。食べ物などを口に沢山いれている状態。
    目が輝く=強い興味をもつ。

    顔の慣用句を書いてみました。

    他に私がよく使う体の慣用句として
    気が利く=細かいところまでよく気がつく(日本では本当によく使われる言葉だと思います)
    背負う=背中に荷物をのせる、または迷惑なことを引き受ける
    腕利き=技能や能力がすぐれていること。
    手が空く=暇になる

    こんなところでしょうか!
    体の部分をつかった慣用句は本当に沢山あります。
    どうか無理なさらず、ゆっくり1つ1つ覚えていってくださいね。











    Submit your answer


    Please enter between 2 and 2000 characters.

    If you copy this answer from another italki answer page, please state the URL of where you got your answer from.