アランシュウ
語学と言えば  今回は「語学」についての記事を書いて投稿したいと思います。「語学と言えば」が本文の各段落の最初の文章となります。語学について、自分の見解を伝えたいと思います。  語学と言えば、やはり言語学という大学の専攻を思い出しました。二つの「学」は異なることを指すと思います。ぶっちゃけ話し、言語学はプロフェッショナルだと考えられますが、語学はアマチュアだと考えられます。言語学には様々な研究分野が含まれるということです。例えば、言語学には語源、形態論、音韻論、構文が含まれるということです。また、理論的に言えば、言語学には第二言語習得論が含まれるということです。一般的に、語学に関心がある方は上記の研究分野にあまり触れないと思います。なぜなら、上記の研究分野は基本的に上級者向けですね。ちなみに、人類学には「言語人類学」という研究分野が含まれるということです。  語学と言えば、主な関心は人によって異なると思います。言語を学ぶ多くの人は自分の不完全な訛りを直したいですが、私の主な関心は訛りを直すことではなく、むしろ文法知識や語彙を伸ばすことです。多くのインド人は明らかなインド訛りを操るにも関わらず、インド英語が通じ合うことが出来ると思います。文法知識や語彙を伸ばすために、教科書を利用しなくてもいいと思います。日常会話に覚えた文法知識や語彙を当て嵌めることは非常に重要だと思います。また、日本語は膠着語(こうちゃくご)に属する言語だということですので、日本語の文法で名詞や形容詞の曲用(きょくよう)がないにも関わらず、助詞が必要不可欠であると思います。日本語とは異なり、中国語は孤立語(こりつご)に属するということですが、インド・ヨーロッパ語族に含まれるほとんどのヨーロッパ諸国の公用語は屈折語(くっせつご)に属するということです。文法に加えて、日本語の語彙には敬語、俗語、砕けた表現、堅苦しい表現、男性語、女性語、和語、洋語など様々な言葉が含まれるということですので、外国人が日本語を話す時は気を付けなければなりません。それに、様々な言葉は根底(こんてい)にある文化や歴史に触れる可能性があります。英語と中国語に比べて、日本語は圧倒的に複雑だと思います。  語学と言えば、イマージョン教育はご存知でしょうか?インターネットで見つかった定義によると、「その言語に浸りきって習得する」ということです。すなわち、数学、物理、化学など理科さえも英語で学ぶということです。これは最も効率的な勉強方法の一つだと思います。ただし、母国語のレベルが低下する可能性があります。イマージョン教育を行うために、一定の代価を払わざるを得なくなると思います。また、スマホのような高い科学技術は消極的な影響を及ぼすことが出来ると思います。例えば、多くのスマホユーザーは漢字の手書きを忘れてしまいました。この現象は近年以来めっきり多くなっているそうです。日本のみならず、中国にもこの現象が多くなっているそうです。  語学と言えば、語学学校はご存知でしょうか?先日は欧米人向け「Go! Go! Nihon」というウェブサイトに関する動画を見ました。このウェブサイトには日本における語学学校の情報が載せられます。一人のイギリス男性は東京における日本語の語学学校の授業を試してみました。この動画は新型コロナウイルス感染症が蔓延(まんえん)する前に投稿されました。残念ながら、今のところ、日本の語学学校に通うのは結構大変なのですね。この動画によると、日本語の語学学校の授業では生徒がテキストを読み上げる活動があります。正直言って、この勉強方法は、シャドーイングのように、私の好みに合わないと思います。インプットよりアウトプットの方が大切だと思います。ご覧の通り、定期的に日本語でアウトプットを行います。なぜなら、私はすごくしつこいです。  語学と言えば、語学留学はご存知でしょうか?フィリピンにおけるセブ島は人気な語学留学の目的地だと思います。なぜなら、フィリピンの物価は割に低いので、セブ島の語学学校はお金を省きたい英語を学ぶ方にとって理想的な選択肢そうです。もちろん、セブ島の語学学校はメリットもデメリットもあります。デメリットと例えば、セブ島の語学学校では、純粋なアメリカ訛りまたはイギリス訛りを学ぶのは出来ないと思います。それでも、セブ島の語学学校に通うことに決める方は、恐らくフィリピンの訛りに構わないでしょう。  要約すれば、語学と言えば、私は色々なことを説明したいと思います。もしあなたは語学のプロになりたいなら、少しずつコツコツ頑張ると、いずれ遥かな目標に辿り着くことが出来るでしょう。語学の過程で、インプットに限らず、是非たくさんのアウトプットをしてみてくださいね。いつもご覧いただきありがとうございます。
Nov 19, 2021 2:49 PM
アランシュウ
Language Skills
Chinese (Mandarin), Japanese, Other
Learning Language
Japanese, Other