[Deactivated user]
1893 年の雨が降っていた3月誰も知っていない理由にロンドンに住んでいるアメリカの作家ゲンリ・ジェムス自分の誕生日、4月15日を過ごしたいでした。それからセナで溺れて、自分を殺したいでした。 ジェムスはその春に深いうつ病でいたのを言えますが、理由を言えません。彼は市乳のしを通過した。一年間、1892年3月6日、彼の妹アリさが癌で死にました。でも彼女のためには病人であるのはたくさんの当年中ライフスタイルであって、ひどい診断(しんだん)は取り除く望むになりました。アリさは彼に死は長い時間望ましかったのを告白しました。ゲンリも友達や愛艇的(あいていてき)などに妹のこの姿勢(しせい)に同意するのを言っていました。こんな同意は彼女の死んだ体がとてもかわいだったという手紙に届きました。たぶんクロニすタたちに資料されなかったうつ病は前あまり売られなかった本で悪化したほうです。1886年に書かれて、アリサのゆっくり死に、彼のカタリナロリングと ”ボストン結婚”に触発された”ボストンの人たち”、“王女かざまっしま“ イギリスでもアメリカにも落ちました。それでジェムスは1890年から劇場のために書き始めました。彼の ”アメリカ人”は中程度成功がありましたので-それもロンドンじゃないで、村にでした- 彼は劇場が富を持ってきますと自分を納得されました。でも1893年はジェムスは実現ふかのうなきぼうでお世辞したのをわかりました。この役割がハリウッドに立ち去る前イギリスの劇場は文学もの引っ張りました。でもこの作家はゲンリ・ジェムスのようにどうやって一般の人のために成功のものを書くについてアイディアがありませんでした。 このうつ病は1893年の3月じゃないで、1895の春に起こしたら、伝記作家はよりいいわかりました。なぜかというとジェムスは”ガイ・ドムウル”のロンドンプレミアムの後で弓のためにステジに上がったとき、群集(ぐんしゅう)はホイッスルします。ケットに払ったこの人たちは彼の本を読んだことがないで、彼について文学ものとして聞いたことがないで、演奏にもとずいてよくホイッスルします。一年後で1894年1月彼の友達コンスタンティ・ヤふェ二モル・ヴルソンはヴェネツィアの家の窓から捨てったとき作家はひどいうつ病があります。1909年の最後に作家のお兄さんウイリアムはかれの手を持つのために大西洋を越えます。その年はジェムスは自分のニューョ-クの作業の粉砕売上高を泣いています。彼はこの本に5年を費やします。大きい序文がある長い小説をかきます。 “5番目の心“、デヌ・セィモンス。
Feb 16, 2021 12:12 PM