[Deactivated user]
2.しかしながら1893年の3月に最後のうつ病まで16年残りました。ジェムスはどんな理由で興奮していましたか、どうして突然パリに死ぬことがいい決定だと思いましたかわかりません。そんな理由の一つジェムスは1892/1893年に通過したイギリス冬の痛風かもしれません。なぜかというとジェムスはそのとき毎日のあるくをあきらめて、より太くなりました。たぶん理由は彼がその冬に50歳になったことですね。彼がより憧れにドライブしました。 私たちは全然わかりません。でも私たちの物語は彼のこの決定から始まることをよくしっています。ジェムスは4月15日たぶんちょっと早いセナに溺れて、人生とスコアを確定しつもりでした。ゲンリ・ジェムスは1893年3月の中にロンドンから友達や家族に手紙をかきました。“毎日のエッセイ作業からリラックスして、春を会いたい。 フィレンツェに住んでいるお兄さんと彼の家族に参加する前に太陽のパリで私の半世紀の記念日をまちます。”と思っていました。でも作家は4月の最後にフィレンツェに行きたくないんでした。彼はスチ-ルされたアリさのほこりスナッフボックスと包んでウルソンさまのとある人たちの手紙を燃やしました。それからデビルガーデンにあるよく掃除された部屋をでていきました。シェルブルにいく電車に乗りました。次の日の夕方に町にいきました。この夕方はロンドンのコ-ルド3月より寒いで、生でした。 “5番目の心“、デヌ・セィモンス。
Feb 17, 2021 10:16 AM