アランシュウ
「こあらの学校 英語の時間」と自分の感想  かつては「英語脳」というテーマについての記事を書いて投稿しました。先ほどは「英語脳」と言う概念をいきなり思い出して、ユーチューブで「英語脳」というキーワードで幾つかの動画を検索して拝見しました。私の印象では、多くの日本人はいわゆる「英語脳」を作りたいそうです。この需要に応えて、「こあらの学校 英語の時間」は「日本人の8割が知らない英語脳の鍛え方」と題する動画を作成して投稿しました。今回の投稿で「こあらの学校 英語の時間」についての自分の感想を伝えたいと思います。  「こあらの学校 英語の時間」は日本人向けのチャンネルであり、視聴者たちと英語勉強法を共有しているチャンネルです。ただ先ほどこの割に新しいチャンネルを発見しました。「英語脳を作り方」ばかりでなく、「英語の耳を作る」というテーマも解説しました。登場する主人公は「こあたん」という架空のコアラです。アニメに登場するキャラクターのように、もしかすると架空のコアラは人間によって吹き替えられたかもしれませんが、コアラの声が音声合成ソフトによって作成された可能性もあります。そう言えば、「テキスト読み上げ」という技術はご存知でしょうか?私は自分の記事を人工の音声に変換したことがあります。こあたんはいつもはっきりした声で話しますばかりでなく、全ての動画にはいつも字幕が付きますので、分かりやすくなります。また、架空のコアラは現実の女性ではないので、顔を拵える必要がないと思います。このような動画を拝見すると、日本語の聴解能力を鍛えることができると思います。このような動画は日本語のリスニング力を向上させることができる素晴らしい材料だと思います。なぜなら、「日本人向け」という前提条件はここで目立ちます。つまり、こあたんは自然な速度で話しますので、外国人の日本語レベルに合わせる速度落とせわけではありません。「テキスト読み上げ」と言えば、「ボーカロイド」という技術が思い出しました。かつては「ボーカロイド」についての記事を書いて投稿しました。  上記(じょうき)の動画でこあたんが紹介したいわゆる「最強の英語脳の作り方」は「オンライン英会話」または「読書」ではなく、「シャドーイング」です。「シャドーイング」という勉強法が聞いたことがありますけど、私はこの勉強法を好みません。私の意見では、インプットよりアウトプットの方が大切だと思います。ご覧の通り、今は日本語で大いにアウトプットしています。それに、演説より作文の方がずっと好きです。なぜなら、作文を書く時にはたくさんの考える時間があります。「この文章は文法的に正しいですか?」と「この表現はここに合わせるでしょうか?」という疑問が心に浮かぶ時には、相変わらずインターネットで確認します。いつもたくさんの正しい文法に合わせる文章を作るつもりです。演説の時にはその目標が達成しにくいと思っています。「シャドーイング」はアウトプットではなく、他人の言葉を真似るという感じです。文法を非常に重視しますので、文法的な誤りを犯す場合には恥ずかしく感じます。そのため、「シャドーイング」という勉強法は自分に合わせないと思います。  「こあら」がカタカナ表記することではなく、ひらがな表記することに気が付きました。だけど、特定の動画で「オススメ」がひらがな表記することではなく、カタカナ表記することに気が付きました。母国語は日本語ではないので、この面で頻りに戸惑います。特定の表現は一体いつひらがな、カタカナまたは漢字表記しますか?現代の日本語は段々と簡単になっている傾向があるそうです。幼い頃に「コアラはオーストラリアに生息(せいそく)する野生動物です」という事実を聞きました、または読みました。だから、こあたんがソーシャルメディアで自分のアカウントでオーストラリアの国旗(こっき)付きのは当たり前だと思います。また、動画の冒頭の部分でこたあんがいつも語る英語の句はオーストラリア英語という感じです。シンプルに言えば、これはオーストラリア英語を中心とするチャンネルだと思います。  要約すれば、こあたんの複数の動画はリスニング力を向上させることができると思いますが、「シャドーイング」という勉強法は自分に合わせないと思います。ご覧の通り、私は張り切って日本語を勉強しようとしています。現在のところ、一週間に日本語で二つまたは三つの記事を書いて投稿しようとしています。それでも、私が知る限り、このやる気満々の状況は永遠に続けているのは無理ですけど、できる限りを尽くしてみて、コツコツ頑張ってみます。もしかしたら他人はやる気が出ない三日坊主かもしれませんが、私は絶対にしつこい人間なのですので、三日坊主の正反対ですよね。いつもご覧いただきありがとうございました。
Nov 6, 2021 7:07 PM