Claire
中国で「子供を育つ目的は老後世話にしてもらうのだ」という観念があります。それは結構古い観念ですが、その影響は今でも残っています。この観念をもって、若者に早く子供を産めと勧告する人が多いです。この意味で、子育てはある親にとって、自分の利益を考えてした選択です。子供はただ一つの手段しかありません。 よい子育ては自分に何かの利益を持たすかを考えるではなく、自分が子供のために何をできることを考えなければなりません。なぜなら、子供の出産は子供で決めたものではないからです。 残念ながら、今多くの親は子供を産むことを自分の生活をうまく営めな理由としています。子供はその感情に押されて、疚しい思いになります。誰でも愛を感じていません。したがって、子供からもらうではなく、子供にあげるという覚悟があって、子供と一緒に成長していくのがよい子育てではないかと思います。
Aug 6, 2021 12:27 PM
Corrections · 4
中国で「子供を育てる目的は老後世話をしてもらうのだ」という観念があります。それは結構古い観念ですが、その影響は今でも残っています。この観念をもって、若者に早く子供を産めと勧告する人が多いです。この意味で、子育ては親にとって、自分の利益を考えてした選択です。子供はただ一つの手段しかありません。 よい子育ては、子供が自分に何の利益をもたらすかを考えるのではなく、自分が子供のために何ができるかを考えなければなりません。なぜなら、子供の出産は子供が決めたものではないからです。 残念ながら、今多くの親は子供を産むことを自分の生活をうまく営めない理由としています。子供はその感情に押されて、疚しい思いになります。誰も愛を感じていません。したがって、子供からもらうのではなく、子供にあげるという覚悟を持ち、子供と一緒に成長していくのがよい子育てではないかと思います。
August 7, 2021
中国で「子供を育てる目的は老後に世話をしてもらうため」という観念があります。それは結構古い観念ですが、その考えは今でも残っています。この観念があるため、若者に早く子供を産めと言う人が多いです。この場合の子育てはある親にとっては、自分の利益を優先した選択です。よって子供は一つの手段でしかありません。 よい子育てとは自分に何らかの利益を持たらすかではなく、自分が子供のために何ができるかを考えなければなりません。なぜなら、子供の出産は子供が決めたものではないからです。 残念ながら、多くの親は子供を産むことで自分の生活を楽にしたいと理由で子供を持ちます。子供はその感情に押されて、疚しい思いになります。それでは誰からも愛を感じられません。したがって、子供から楽を得るという考えではなく、子供に自分の人生を捧げるという覚悟と共に、子供と一緒に成長していくのがよい子育てではないかと思います。
August 6, 2021
Want to progress faster?
Join this learning community and try out free exercises!