Aaron araya
今週末は割と大変だった。やることが山ほどあったんだけど、友人があまり元気がないから大変疲れた。その友人は僕にとって家族みたいな人なので、とても大切にしている。ところで、僕の家族と仲があまり良くないし、話すや会う機会もあまりないんだ。大人になった以降、いつでもお金を借りるや喧嘩するためにしか連絡しないから、そんなにいい家族わけではない。むしろ、僕の友達の方は本物の家族より僕のことを大切にしてくれるからこそ、僕の家族になったと思う。 しかし、大切な友人が体のあちこちが痛いから、どんどん落ち込んでいるんだ。その姿を見ると結構悲しい。僕はできることがたった一つだと思う。そばにいられること。 残念ながら、友人がもう元気じゃないのに、夜の中に心臓が突然不安定な動きして、気付くうちに不整脈であることがわかった。その後、救急車が呼んで、あっという間に、病院に搬送された。とても、ショックを与える出来事んだけど、結局無事で朝の頃に家に帰った。最近、割と大変なことが起きっているばっかりだから、ちょっと疲れているわけだ。友人がこれから元気になるように祈る。そして、サポートしながら仕事や趣味を集中できればいいなぁと思う。
Nov 14, 2021 10:04 PM
Comments · 2
話すや会う機会 → 話すことや会う機会 大人になった以降 → 大人になってからは そんなにいい家族わけではない。→ そんなにいい家族というわけではない。 そばにいられること。 → そばにいてあげること。 夜の中に → 夜中(よなか)に 救急車が呼んで → 救急車を呼んで (救急車が呼ばれて) 仕事や趣味を集中できれば → 仕事や趣味に集中できれば 大切なご友人が病気で苦しんでいるのを見るのは、本当に辛くて悲しいですね… ご友人の具合が良くなりますようお祈り申し上げます。
November 14, 2021