kemari
正直に言えば、読んだ中で「人生を変えた」本はないと思われる。とはいえ、この話題を見た後、初めて思い出される本はイーヴリン・ウォーの『ブライヅヘッドふたたび』である。「一番好きな英語の小説」と聞かれたら、いつもこの本で答えていた。 大学一年生のとき、この本による映像化のテレビドラマを見た後、一興を持って小説を読んだ。だいたいイギリスのある貴族家族の没落が描かれて、私の現実生活から遠く離れていたけど、伝統あるいは記憶に対して、小説の中の皮肉と温情が混ざる調子にとても惹かれていた。ときどき自分の辛い記憶が出たら、その本を思い浮かべていた。
Feb 13, 2022 10:11 PM
Corrections · 2
正直に言えば、読んだ中で「人生を変えた」本はないと思われる。とはいえ、この話題を見た後、初めて思い出される本はイーヴリン・ウォーの『ブライヅヘッドふたたび』である。「一番好きな英語の小説」と聞かれたら、いつもこの本を答えていた。 大学一年生のとき、この本による映像化のテレビドラマを見た後、一興を持って小説を読んだ。だいたいイギリスのある貴族家族の没落が描かれて、私の現実生活から遠く離れていたけど、伝統あるいは記憶に対して、小説の中の皮肉と温情が混ざる調子にとても惹かれていた。ときどき自分の辛い記憶が思い出したら、その本を思い浮かべていた。
よくできましたね😊
Feb 14, 2022 7:21 AM
正直に言えば、読んだ中で「人生を変えた」本はないと思われる。とはいえ、この話題を見た後、初めて思い出される本はイーヴリン・ウォーの『ブライヅヘッドふたたび』である。「一番好きな英語の小説」と聞かれたら、いつもこのをを答えていた。 大学一年生のとき、この本による映像化のテレビドラマを見た後、一興を持って小説を読んだ。だいたいイギリスのある貴族家族の没落が描かれて、私の現実生活から遠く離れていたけど、伝統あるいは記憶に対して、小説の中の皮肉と温情が混ざる調子にとても惹かれていた。ときどき自分の辛い記憶を思い出したら、その本を思い浮かべていた。
Feb 14, 2022 12:21 AM
Want to progress faster?
Join this learning community and try out free exercises!