凌睿 许
コロナ禍で、現金で支払うのは感染リスクを伴っています。カッシュレス社会では、コロナの感染及び現金をメディアとして伝播している他のばい菌の感染リスクは低くなると思います。 一方、カッシュレス社会は電子決済の普及に頼っています。もしカッシュレス社会に慣れた人は金を持ていないまま、電子決済が普及されていない地域の店に入ったら、それは大変だと思います。
May 31, 2022 12:36 PM
Corrections · 6
コロナ禍で、現金で支払うのは感染リスクを伴っています。カッシュレス社会では、コロナの感染及び現金をメディアとして伝播している他のばい菌の感染リスクは低くなると思います。 一方、キャッシュレス社会は電子決済の普及に頼っています。もしキャッシュレス社会に慣れた人がお金を持たないまま、電子決済が普及されていない地域の店に入ったら、それは大変だと思います。
May 31, 2022 2:23 PM
コロナ禍で、現金で支払うのは感染リスクを伴っています。キャッシュレス社会では、コロナの感染及び現金を(メディアとして伝播している?)他のばい菌の感染リスクは低くなると思います。 一方、キャッシュレス社会は電子決済の普及に頼っています。もしキャッシュレス社会に慣れた人が金を持っていないまま、電子決済が導入されていない地域の店に入ったら、それは大変だと思います。
確かに現金が感染リスクになっているかもしれませんね。これからも日本語の勉強をがんばってくださいね。
May 31, 2022 1:57 PM
コロナ禍で、現金で支払うの(or支払いをすること)は感染リスクを伴います。キャッシュレス社会では、コロナ感染及び現金を介した他の病原菌の感染リスクは低くなると思います。 一方、キャッシュレス社会は電子決済の普及に頼って(or 普及の上に成り立って)います。もしキャッシュレス社会に慣れた人がお金を持たないまま、電子決済が普及していない地域の店に入ったら、それは大変だと思います。
その通りですね。
Jun 1, 2022 12:29 AM
Want to progress faster?
Join this learning community and try out free exercises!