Community Web Version Now Available
Euvin
~れば、~と、~たらの使い分け 仮定法って言うなかな?文法の呼び方はよく知りませんけど、 たとえば「うちのクラブに新入生がいっぱい入ってくるといいなぁ」のように、 仮定して何かを話すとき、 ~れば、~と、~たらの使い分けがよく分かりません。 Lang-8の皆さん、もし良かったら例文を少し書いてくれませんか? ~れば、 ~と、 ~たら を使って2-3個ずつ、短く書いてもらえると勉強になれると思います (↑こういう時も、「書いてもらえたら」なのか「書いてもらえれば」なのか…」 お願いします!
Feb 21, 2012 2:20 AM
2
0
Answers · 2
とりあえずこのへんを読んでみてください。 http://www.italki.com/answers/question/57504.htm http://www.italki.com/answers/question/74328.htm http://www.guidetojapanese.org/learn/grammar/conditionals Euvinさんの書いた文「・・・短く書いてもらえると勉強になれると思います」 の場合は、「もらえると」「もらえたら」「もらえれば」のどれでもいいです。 ただし、後半は「勉強になれる」は間違いで、ただ「勉強になります。」と言うのがいいです。 lang8にも投稿しているのですか?サイト名ぐらいは書き換えましょうね。
February 21, 2012
日本人でもあまり意識して使い分けていないと思いますが(どちらでも良い気がするほど) 一応わたしが調べてみた範囲でお伝えしますと 「〜れば」・・・行動の結果を、この後に続く言葉に示す。 「〜たら」・・・行動を仮定する。 8時間眠れば、勉強がはかどる。(「8時間眠る」結果として勉強がはかどる) 8時間眠ったら、勉強がはかどる。(「8時間眠った」と仮定すると勉強がはかどる) 泣きすぎれば、目が腫れる。 泣きすぎたら、目が腫れる。 運動すれば、痩せる。 運動したら、痩せる。
February 21, 2012
Euvin
Language Skills
Chinese (Mandarin), English, Japanese, Korean
Learning Language
Chinese (Mandarin)