pchauht
伝達と取り次ぐの意味は違いますか。 ベトナム語で「truyền đạt] 辞書を調べるたら、伝えると伝達と取り次ぐを出ました。でもあまりわかりませんでした。ちょっと、3つ言葉を例を教えてもらえませんか。
Feb 28, 2012 9:38 AM
Answers · 3
伝えると伝達は同じ意味ですが、通常の使い方としては、「伝える」は口語的、「伝達する」はちょっと堅い表現で、書き言葉に多く見られると思います。 電話の例でいうと、 お客様からかかってきた電話に「私」が出るとします。 お客様は、私の隣の席の「Aさん」に用があるとすると、 お客様 → 私 → Aさん Aさんが席にいれば、「私」 は 「Aさん」に電話を代わります。 この場合、「私」 が 「お客様」 と 「Aさん」 の間に立って 電話をつなげるイメージになります。 このように仲立ちをすることを 「取り次ぐ」といいます。 対して、「伝える」は 「お客様」 から電話があったとき、たとえば 「Aさん」が不在であった場合などで 「私」 は 「Aさん」 が席に戻り次第、「Aさん」 に電話のことを知らせます。 このように、「お客様」 からの電話の用件などを聞いて、それを 「Aさん」 に知らせることを 「伝える」(伝達する) と言います。 「取り次ぐ」も「伝える」も同じような意味(人に知らせる、つなぐ等)で使われることがありますが、 たとえば、上記のように「電話」での応答で使う場合、 私 「では、Aさんにお取次ぎします」 = すぐにAさんに代わります。 私 「では、Aさんにお伝えします」 = Aさんに電話は代わりませんが、(用件や電話があったことは)知らせます。 という意味になります。
February 29, 2012
『情報』や『電話』などを伝えるときは、『伝える』、『伝達する』、『取り次ぐ』を使います。 しかし、本や荷物などの『物』には『取り次ぐ』、『配達する』、『送る』などを使います。これからは段々少なくなって行きますが、出版社と本屋さんの間を仲介(取り次ぐ)のが、問屋さんです。
February 28, 2012
伝えると伝達は同じです。 伝達と取り次ぐの違いですが、電話を例に挙げます。 AさんからBさんに電話がかかってきました。 Bさんが席にいなかったので、変わりにCさんが電話に出ました。 1.伝達 Cさんが、Aさんの電話の内容を聞いて、Bさんに伝えてあげる 2.取り次ぐ CさんがAさんを呼んで、Aさんに電話に出てもらう。
February 28, 2012
Still haven’t found your answers?
Write down your questions and let the native speakers help you!
pchauht
Language Skills
Japanese, Vietnamese
Learning Language
Japanese