smatea
”ように”前所加的意志动词是?”ように” 前に意識動詞の可能態と非意識動詞をてけますが ”ように” 目的を表す時 前に意識動詞の可能態と非意識動詞をてけますが、どうんな動詞は意識動詞ですか?意識動詞と非意識動詞の区別は何ですか 教えてください!(`・ω・´) ”ように”表目的时前面加意志动词的可能态及其否定形式和非意志动词的原型及其否定形式 这里的意志动词是神马呢,神马样的动词是意志动词 神马样的动词时非意志动词呢? 求指教! 大感谢!
Sep 26, 2012 3:31 PM
Answers · 3
「自分でコントロールできるかどうか」で考えるといいです。自分でコントロールできないこと=非意志的、自分でコントロールできること=意志的 です。 同じ動詞を使っても、主語が自分以外の場合は「自分でコントロールできないこと」になります。 ○大学に行けるように がんばって勉強する。  (「私」が大学に行ける<可能形>、「私」が勉強する) ○背が伸びるように、牛乳をたくさん飲む。 (「背」が伸びる、「私」が牛乳を飲む) ○友達のパーティにたくさん人が行くように、協力して広く宣伝する。 (「人」が行く、「私」が宣伝する)  I advertise about the party that my friend throws so that many people would go. 「ない」をつけると、非意志的な状況として使える動詞も多いです。 ×いやな体験を早く忘れるように、楽しいことを考える。 ○いやな体験を早く忘れられるように、楽しいことを考える。 ○宿題を忘れないようにメモしておく。 前後の主語が同じで、両方とも意志的動作の場合は「ために」を使います。 ○大学に行くために がんばって勉強する。 ×大学に行けるために がんばって勉強する。 ○背を伸ばすために、牛乳をたくさん飲む。 ×背が伸びるために、牛乳をたくさん飲む。 ×友達のパーティにたくさん人が行くために、協力して広く宣伝する。 ○いやな体験を早く忘れるために、楽しいことを考える。 ==== 補足  「(わたしは)~たい」をつけてみるのもいいかもしれません。 「(わたしは)~たい」をつけてみて、 自然なら意志的→「ために」をつけます。 不自然なら非意志的→「ように」をつけます。 ○私は、大学に行きたい。→大学に行くために・・・ ×私は、大学に行けたい →大学に行けるように・・・ ○私は、いやなことを忘れたい。→○いやなことを忘れるために・・・
October 1, 2012
Still haven’t found your answers?
Write down your questions and let the native speakers help you!