Community Web Version Now Available
anchun
ものあまりの時代って意味は何ですか?どういう時代ですか 「ものあまりの時代」になって、世の中がすっかり変わりました。 モノあまり時代ですから、買う瞬間の予測は難しくなってきています ものあまりの時代、ターゲットを絞るほど客が集まる ものあまりの時代って意味は何ですか?どういう時代ですか。 教えていただけますか
Jan 17, 2016 12:02 PM
2
0
Answers · 2
「ものが豊富にある時代」と言う意味です。意味的には今の時代の事です。 お年寄りがこの言葉を使うときには、戦争(World War II )中の、物が極端に不足した時代との対比が頭の中にあると思います。 It means "The times when there is abundant things". It is the present times semantically. I think that when the elderly use these words, there is the comparison with the times being extremely short of goods during the war, World War II in his head. Please correct my English sentences if I make a mistake.
January 19, 2016
「昔は、商品を買う時、お客様が選択できる幅が狭かったが、この頃は、あまりにも多い同様の品物が出ていて、自由に自分の好みに合うものが選択できる」時代だ、ということです。 ですから当然, お客様にとっても、いるんな情報の洪水の中で、何を選択したら良いか迷ってしまいます。 品物を売っている販売者のたちばから見ると、いくら生産しておいても、売れなくなってしまう可能性があります。漠然と、不特定多数の消費者を目指している過去の販売やりかたによっては、企業の生存さえできなくなりました。 だから、タゲットとして 一番適当な対象がだれか、範囲を狭くして、それらに最適な形でうるべきです。 とおもいます。  日本語が足りなくて、申し訳ございません。
January 17, 2016
anchun
Language Skills
Chinese (Mandarin), English, Japanese
Learning Language
English, Japanese