Mimoza
皆さん、文法を勉強しているんですが、直していただけませんか。 1。おかげで=。。。の助けがあったので、。。。と言う良い結果になった。 例:皆さんが作文を直してくれたのの助けがあったので、もうより良い書けました。   皆さんが作文を直してくれたおかげで、もうより良い書けました。 2.恐れがある=。。。と言う心配があるー。。。と言う悪いことが起こる可能性がある。 例:風が強く吹いたので、風をひくと言う心配がある。   風が強く吹いたので、風をひくと言う悪いことが起こる可能性がある。   風が強く吹いたので、風をひく恐れがある 3.おり(に)=。。。 あるいい機会に 例:クリスマスのおりに、友達のクリスマスカードをかうと思っています。   クリスマスの機会に、友達のクリスマスカードをかうと思っています。 4.かいがあって=。。。効果があって 例:薬を感謝する効果があって、だんだん元気になってきます。   薬を感謝するかいがあって、だんだん元気になってきます。 5.間 教室で日本語を教えている間、学生は寝てしまいました。
Dec 11, 2016 4:53 PM
Answers · 2
1 この場面では通常「おかげで」という表現を使います。「助けがあったので」という表現は「彼の助けがあったので〜」の様に名詞に付きます。動詞にも用いたい場合は、「〜という助けがあったので」という様にします。ただし、動詞に付く場合は重い表現となってしまうため、通常は「おかげで」を使いましょう。 「もうより良い書けました」という表現は間違いです。この場面では「もう」はいらず、また「良い」ではなく「良く」です。 (正しい日本語) 皆さんが作文を直してくれたおかげで、より良く書けました。 2 例は全て文法としては正しいです。しかし、一般的な日本語は三番目です。ただし少しだけ文語よりです。一番目の「と言う」部分を省略して「風を引く心配がある。」の様に使われます。これも少し文語よりです。 口語では「風を引くかもしれない」といった様に使います。 二番目の表現は非常に表現が重いため、使われません。 また外を吹いている「風」と病気としての「風」を分けるために病気としての「風」を「風邪」として書く事があります。「風」、「風邪」共に読み方は「かぜ」です。 (正しい日本語) 風が強く吹いたので、風(風邪)を引く可能性がある。 または 風が強く吹いたので、風(風邪)を引く恐れがある。 または 風が強く吹いたので、風(風邪)を引くかもしれない。 3 前半の表現は前者後者共に正しいです。ただし、「友達のクリスマスカード」という表現では「友達が持っているクリスマスカード」という事になってしまいます。 なので「友達宛ての」や「友達への」といった表現を使いましょう。 「買うと思っています。」という表現は間違いです。未来の事なので、「買おうと思っています。」という表現を用いましょう。 ただし「おりに」という表現は文語的です。口語では「〜の機会に」の方が適切です。 (正しい日本語) クリスマスのおりに、友達宛てのクリスマスカードを買おうと思っています。 または クリスマスの機会に、友達へのクリスマスカードを買おうと思っています。 4 日本語での「感謝する」という表現は基本的にありがたいという気持ちを表す事なので、この場面では不適切です。 この場合は「薬を飲んだかいがあって」の様に直接的な表現を使いましょう。 「だんだん元気になってきます」は文法としては正しいですが、表現としては間違いです。この場面では「だんだん元気になってきています」の様に継続的な表現を用います。 (正しい日本語) 薬を飲んだ効果があって、だんだん元気になってきています。 または 薬を飲んだかいがあって、だんだん元気になってきています。 5 正しいです。 (正しい日本語) 教室で日本語を教えている間、学生は寝てしまいました。
December 11, 2016
Still haven’t found your answers?
Write down your questions and let the native speakers help you!
Mimoza
Language Skills
Chinese (Mandarin), English, Japanese, Vietnamese
Learning Language
Chinese (Mandarin), English, Japanese