An An
チェックしていただけませんか この建物の特徴は西洋の建築様式で、アーチ状でガラス張りであることです。設計者はフランス人で、中に入るとヨーロッパの鉄駅のような印象を受けえます。 中には、サイゴン通信システムが形成された、その歴史に関する2枚の地図が壁にかけてあり、右側は1892年のサイゴンと周辺地域地図であり、左側は1936年のベトナムとカンボジアの通信網地図です。 この教会の建材のすべてがフランスから運ばれました。特に、外側のレンガが130年以上も赤い色を保ってきました。聖堂全体はフランス製のステンドグラスが56あります。 教会の前に公園があり、4つの通りが交わって、十字路形を作りました。公園の真ん中に、高さ4.6メートル、重さ8トン、イタリア製の白い大理石で造られた聖母マリア像が置かれています。 この道はフランスの植民地になる前から、16番という名前を持っている、この通りはサイゴン歴史に既に存在していました。フランスの殖民時代だった1858-1954年まで、カティナット通りと呼ばれました。1954-1975年まで、トゥゾ通りになりました。1975以降、ドンコイ通りという名前に変え、現在までもその名が使われています。 19世紀後半から、カティナット通りはサイゴンの主要な2通りの一つになりました。ここには、銀行や薬局といった高級なサービスを提供してくれるフランス人・中国人・ベトナム人・インド人の経営する店舗があります。 元々、ベンタン市場はフランスがザヂンを支配する前から、既に存在していました。最初の時、ザヂンという名前のお城の近くにある、ベンゲ船着場に位置しました。出入りする顧客向けの船着場のことから、ベンタンと呼ばれたのであることです。この市場は当時もベンタンという名前がありました。 1911年まで、フランス政権は市場を現在の位置に移転することに決心しました。1912年に建て始められ、1914年3月の終わり、完成したベンタン市場は今まで活動が続いています。 市場はカゴ形をした建物であり、面積が1万3千56平方メートルであることです。4つの大きな門と12の小さな門があり、4方向に広がります。 その中に色んな売り場が方法的に配置されています。 主な門は南門であり、象徴は3面の時計塔であることです。カゴ形をした建物の中に、衣料や乾物といった商品を売っています。
Oct 30, 2017 10:35 AM
An An
Language Skills
Japanese, Vietnamese
Learning Language
Japanese