Zatris
(として)と(にする)に関して質問なんですけど。 質問を回答しに来てくれてありがとうございます。 では、質問は以下にあります。 1)箒の木を武器として使い、泥棒を潰した。 2)箒の木を武器にして、泥棒を潰した。 同じにみえるんだけど、なんか、隠された違いがありそう気がします。ですから、ニュアンスの違いがあれば、教えてくれませんかって思っております。 最後まで読んでいただいてありがとうございました。では、解答もよろしくお願いしますね。
Aug 14, 2018 7:51 AM
Answers · 6
「~として」tem o significado de 「~の立場で、~の資格で」。 Ex. Esmaguei o ladão usando a vassoura de madeira ”na posição, como se fosse” uma arma. 「~として」é uma expressão do N3. 「~にして」tem o significado de 「~だから、~でも」。 Ex. Esmaguei o ladão usando a vassoura de madeira ”mesmo como” uma arma. 「~にして」é uma expressão do N1.
August 15, 2018
OK: 1). 箒の木を武器として使い、泥棒を潰した。 OK: 2)箒の木を武器にして、泥棒を潰した。 NG: 3). 箒の木を武器として、泥棒を潰した。 「とする」と「にする」の違いは、助詞「に」「と」の違いだけです。両者のニュアンスの違いは、助詞の違いから生じています。 では「と」と「に」はどう違うのか。 *** original meaning of 「と」:concentraiton point of action OK:こうと決めたからには NG:こうに決めたからには OK:はっしと受け止める then meanings derivated into "with, and" : 私とあなた, 私と行きましょう。 *** 「に」:place of action, where you are, where you do. 東京に住んでいる 愛に生きる **** 大きくは、「に(place)」is larger than 「と(point)」です。 *** 「有罪にする」vs「有罪とする」 「箒の木を武器として使い」と「箒の木を武器にして」は、意味もニュアンスもほぼ同じです。しかし、「有罪にする」「有罪とする」は互いに意味が違います。 「有罪にする」は、「intentionally make him 有罪」です。actual action. 「有罪とする」は、「intentionally regard him as 有罪」です。action in the brain. ※ 「おまえがやったというのは分かってるんだ。何が何でも有罪にしてやるからな」 「判決。被告人Aを有罪とする」 この違いが生じるのは、because に (place) is larger than と(point),だからです。 「箒の木を武器として、泥棒を潰した」は文章としていま一つ成立度が弱い。「武器とする」というのは頭の中の解釈だからです。頭で何を考えても泥棒は潰せません。だから、「箒の木を武器として」は、その後に「使い」というactual action のverbを加える必要があるわけです。
August 14, 2018
「~として」tem o significado de 「~の立場で、~の資格で」。 Ex. Esmaguei o ladão usando a vassoura de madeira ”na posição, como se fosse” uma arma. 「~として」é uma expressão do N3. 「~にして」tem o significado de 「~だから、~でも」。 Ex. Esmaguei o ladão usando a vassoura de madeira ”mesmo como” uma arma. 「~にして」é uma expressão do N1.
August 15, 2018
Still haven’t found your answers?
Write down your questions and let the native speakers help you!