KD0084
日本語の時間体について「辞書体、た、しまう」 最近日本語を勉強しています、ある細かいところがよくわかりませんので、ご指導をお願いします。 1.空が赤く染まる 2.空が赤く染まった 3.空が赤く染まっている 4.空が赤く染まっていた 5.空が赤く染まってしまう 6.空が赤く染まってしまった 7.空が赤く染まってしまっていた 全部、同じ意味みたいだが、なにか違いところもありそうです。 1.2.3はみんな「そらが赤くなる」というけど、 個々はどんな場合に使いますか? 5と6も、どう見ても同じ意味ですが。 7はもっと分かりにくいです。 これらの微妙な違いと使い場所を教えてください。 みんなおねがいします
Jul 9, 2019 8:58 PM
Answers · 16
1,2、と3の違いは時制です。 染まる⇒未来。今は赤くない。 染まった⇒過去/完了。過去について話しているか、あるいは、英語の現在完了のように、いま、空が染まることが実現した、という意味。 染まっている⇒現在/現在進行形。いま、空が赤い状態を示す、あるいは、いま、目の前で少しずつ染まりつつある(現在進行形)。 4は、過去進行形。ある過去の時点で、空が赤くなる状態が進行していた、と言う意味。 昨日、家についたころには、空が赤く染まっていた。 私が彼に会ったころは、彼はよく日本語を勉強していた。 (文の前半が過去形で、その時点を示し、後半で何かが進行していることを表すときによく使われる。) 5は、~てしまう、で、これから何かが起こることに対し、残念、予想外、などの気持ちをニュアンスを出す。 今勉強しないと、試験に落ちてしまう。 6は、~てしまった、すでに起きたこと(過去のこと)に対し、残念、予想外などのニュアンスを出している。 勉強しなかったので、試験に落ちてしまった。 7は、4と時制的には同じで、さらに残念、予想外などの気持ちを加えている。 空が赤くなる瞬間を見たかったけど、そこについたときには、すでに空が赤く染まってしまっていた。(残念な気持ち) 昨日、映画館についたときには、映画が始まってしまっていた。 だいたい、こんな感じだと思います。
July 10, 2019
>3.空が赤く染まっている >4.空が赤く染まっていた 個人的意見として補足ですが、両者は「現在、進行していること」ではないと思います。 染まる → 染まった(いわゆる過去形、完了形) 染まった → 染まって(終止形 → 連体形) 染まって → 染まって・いる つまり、「染まる」という状態が過去に完了・確定して、それが現在まで続いている、という意味であろうと考えます。 要するに、「空が赤く染まっている」というとき、空はすでに「真っ赤」です。「空が赤く染まりつつある(現在進行形。まだ染まりきっていない)」なら、ピンクだか、薄紫だかの、「真っ赤になる途中の色」ということになります。 「染まって・いた」は、「いる/いた」の違いです。 大きくは、「染まっている」のは今の話。「染まっていた」のは昔の話です。 ※ 現在進行形は、ヨーロッパ言語の中でも、わりと英語に特有の文法現象です(ドイツ語、フランス語、ロシア語に現在進行形はありません。スペイン語、イタリア語には、一応ありますが、英語ほど多用されません)。なので、個人的には「現在進行形」という「英語ならではの特殊現象」を使って、日本語を解釈することには反対の立場です。 ※ 「走っている」は、まさに現在進行形(is running)です。 これは、 1.走る -> 走った  (非完了 -> 完了:走るという動作の開始が確定した、といこと) 2.走った → 走って(終止形 → 連体形) 3.走って → 走って+いる(走るという動作開始が確定して、その状態がしばらく続いている、の意味。現在進行形) なので、 「染まっている」と構造的には同じです。違うのは最終出力の意味の部分だけ。 なお、「走りつつある」というと、止まっている状態からじわーっと走る状態に移行している状態のことです(まだ、走っていない)。 これも「染まりつつある」と同じ構造です。
July 10, 2019
I am awfully sorry to hear that. You don't have to worry about it, though. I just wanted to let you know "3と4はいわゆる進行形ではありません", which you seem to already understand. あなたは既にご存じだったようです。コメントする必要もなかったですね。
July 11, 2019
Uedaさん、ご親切ありがとうですが、私は英語に苦手ですから、読めないです。
July 11, 2019
Just to let you know, neither "染まっている" nor "染まっていた" is the progressive form. They are rather a kind of perfect tense. / In a word, it is (or was) already dyed. / If it is being dyed right now, you usually say "染まっていく". / i.e. 太陽が地平線から顔を出して、今まさに空が赤く染まっていく。/ In this sentence, the color of the sky is gradually changing as the sun rises. If you want to express the nuance of "gradually", you usually don't say "染まっている" here.
July 10, 2019
Still haven’t found your answers?
Write down your questions and let the native speakers help you!