Community Web Version Now Available
Yuli Zheng 郑旭冰
Professional Teacher
This content has been deleted.
Aug 21, 2019 5:58 AM
6
0
Answers · 6
※ 郑旭冰さんはプロフィールによれば「日本語を専攻している」とのことなので、 以下、連体形、連用形、接続助詞など、文法用語を使って説明させていただきます。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「着き次第」の”着き”は、”着く”の連用形 「決めた次第」の”決めた”は、”決め+た”、 つまり”決める”の連用形「決め」に助動詞”た”の連体形がついたものです。 「次第」の前には、次の四種類の形が付けられます。 1.名詞 2.動詞の連用形 3.動詞の連体形(非確定形、いわゆるル形) 4.助詞”た”の連体形(確定形、いわゆるタ形) このうち2と3,4は、なぜ前に来る動詞の形が違うのか? 結論から言うと、 「着き次第」の”次第”は、「(いわゆる)接続助詞」で、 「決めた次第」の”次第”は、「名詞」だから、 というのが回答になります。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー **** そもそも「次第」とは何か? 意味は次の通りです。 a). 正しい順序、正当な手続き b). 順序を追ってすること c). はじめからおわりまでの一部始終 d). 物事の事情、なりゆき あえて英語にするとsequenceになります。 品詞は、基本的には名詞です。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー **** 名詞+「次第」 わたしたちは、これからどうするのか、すべて、あなた次第です。(What shall we do? It is up to you) 地獄の沙汰も金次第 (Money can buy everything) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー **** 動詞、助詞”た”の連体形(いわゆるル形、タ形) + 次第 - 大変恐縮ですが、メールにてご連絡させていただいた次第です。 - 弊社は海外進出に積極的に取り組んでいる次第です。 - 電車遅延のため、本日のスケジュールを変更した次第です。 - 幸い納期への影響はなく、先方からお許しを頂けた次第です。。 ここでの「次第です」は、「このような経過です、このような順序です、このような成り行きです」という意味を表します。 しかし、実はこの「次第」は、あってもなくても文章全体の意味はたいして変わりません。しかし「次第です」といって文章を終えると、なんとなく立派な話に見えます。というわけで、ビジネスメールや文書など、「立派な感じ、ちゃんとしてる感」が重要なときによく使います。 あるいは、「語尾をあいまいにしたい」ときに使います。 「皆さんに都合のよい日をおたずねして、日程を決めました」 だと言い切りすぎている気がするので、 「皆さんに都合のよい日をおたずねして、日程を決めた次第です」 として、「立派感」と「あいまい感」を同時に実現するわけです。 「~した(~する)次第です」の文法構造は常識的に解釈できます。 「次第」が名詞なので、その前には、連体形がつきます。 「~というわけです、~といったわけです」「~するはずです、~したはずです」などと同じ文法構造です。 ※ ル形でも「次第」に接続できます。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー **** 動詞の連用形 + ”次第” - 荷が着き次第送金します。 - 会社から帰り次第、電話します。 これは難解です。なぜ「着き」のように連用形なのか? 連用形は、動詞や形容詞など「用言」に付くから連用形といいます。しかし”次第”は名詞、つまり体言のはず。なのになぜ連用形を使うのか? 私の考えは、「ここでの“次第“は名詞ではなく、”接続助詞”として扱われている。だからその前の動詞は連用形になる」というものです。 接続助詞とは、“ながら“、”つつ”のように、2つの文章をつなぐ助詞です。接続助詞の前の動詞は、連用形になります。 - ピーナツを食べながら映画を見た。 - 勉強しようとは思いつつ、つい遊んでしまう 「荷が着き次第送金します。」は、「荷物が着いたら、すぐに送金する」という意味であり、ここでの”次第”は、「荷物が着く」と「(私が)送金する」という2つの文章をつないでいます。だから接続助詞と見なせる。 だから、「着き・次第」のように連用形でつなぐわけです。 「次第」のような漢語が接続助詞になるのは非常にめずらしいことです。 個人的にはそのような例を他に知りません。
August 21, 2019
マス形のますをとって次第をつけると、”次第”の前の動詞が終わったらすぐに後ろの動詞をする、という意味で使えます。 タ形に次第をつけると、タ形+わけです、のように前文の理由を説明する意味で使えます。 荷が着くとすぐに送金します。皆さんに都合のよい日をおたずねして、日程を決めた(という)わけです。
August 21, 2019
Yuli Zheng 郑旭冰
Language Skills
Chinese (Mandarin), Chinese (Cantonese), Chinese (Other), English, Japanese, Other
Learning Language
Other