アランシュウ
志村けんのウケる「英語の授業」の寸劇(すんげき)  今回は海外で人気の「英会話の授業 志村けん」について記事を書いて投稿したいと思います。かつてはこの動画を見たことがあります。今日の午後はMEMRISE(メムライズ)で幾つかのカタカナで表記する言葉を勉強する時には、この動画をいきなり思い出しました。これは日本語の記事を書くための相応しい素材だと思います。MEMRISEは語学学習ウェブサイトやスマホアプリばかりでなく、ユーザーに色々なことを学ぶことができるようにさせるウェブサイトやスマホアプリです。この英語教師のコントについて動画は多様(たよう)なタイトルがあります。例えば、「志村けん 英語教師のコント」、「英会話の授業 志村けん」、「志村けん-英語レッスン」、「志村先生の英語教室」などのタイトルがあります。  この英語の授業は、具体的に言うと、日本人の典型的な英語の発音を揶揄うみたいな寸劇ということです。日本人の典型的な英語の発音を揶揄ったにも関わらず、この寸劇は必ずしも悪意を抱いていることわけではないと思います。主な出演者(しゅつえんしゃ)は志村けんという日本のコメディアン・お笑いタレント・司会者ということです。残念ながら、コロナ禍のせいで、昨年日本はこの素晴らしいコメディアンを失ってしまいました。志村けんに関するウィキペディア項目によると、彼は令和2年3月29日新型コロナウイルスの感染と死去してしまいました。この寸劇は「志村けんのだいじょうぶだぁ」と題するお笑いバラエティー番組から抽出(ちゅうしゅつ)されたということです。この番組は放送期間は昭和62年から平成5年でしたが、この寸劇は海外で一番人気がある志村けんの動画そうです。動画の長さはただ5分21秒だけど、視聴者の爆笑が伴う画面が頻りに現れるそうです。例えば、一人の外国人女子学生は立ち上がて英語の標準語で英語の教科書の例文を読み上げましたが、志村けんは「ディス・イズ・マイ・ファザー」、「アンクル」の発音べきだと考えていました。次には、志村けんは一人の外国人男子学生の英語の標準語の発音を直して、「ディス・イズ・マイ・マザー」の発音べきだと考えていました。この寸劇についてオンラインの記事の一つによると、『教師役の志村けんが学生に「正しい英語の発音」を指導するコントですが、学生役は全て外国人』。志村けんの「正しい英語の発音」の指導は外国人学生を戸惑わせたそうです。これは「外国人は一般に英語で日本人より上手」の印象を壊して、滑稽(こっけい)な場面に基づく寸劇だと思います。最後に、志村けんはクラスに立ち上がるように頼みました。クラス全体は志村けんの頼みに従いましたが、英語の標準語で「OH MY GOD」を言いました。志村けんは「NO、NO、NO」と言う後、彼が二回「オー・マイ・ゴッド」を言いながら自分の手首を教卓(きょうたく)につくと、クラス全体は彼の真似をしました。ただし、何人かの外国人女子学生は学校机に肘をつきました。この寸劇は海外で人気なので、海外の反応の動画はたくさん作成されました。確かに、志村けんは「歴史に残る天才」です。この寸劇は傑作(けっさく)だと思います。  この記事の目的は日本人の典型的な英語の発音を揶揄うことではなく、私はただウケるコンテンツを共有するために書きました。目的をしっかり理解するために、「カタカナ表記する言葉を勉強する時にいきなり志村けんの英語コントを思い出した」の事実を忘れないでください。日本語にはカタカナ表記する言葉がたくさんあります。ほとんどの外来語はカタカナ表記する言葉であり、元の言語の発音に似てるけど、異なることがあります。例えば、「アイスクリーム」、「ハンバーガー」は英語の単語の発音に似てるけど、異なることがあります。自分には「カタカナ表記は日本人の英語学習にどんなポジティブやネガティブな影響を与えますか?」の疑問が浮かんでいます。因みに、多くの日本人は、せっかく一生懸命英語を勉強しようとしているのに、相変わらず英語の発音が苦手だそうです。「日本人は普段に英語が苦手」の既成概念と異なり、かえって子供の頃に英語がとても上手になっていた日本人が現実に存在しています。ご存知でしょうか?神戸市に住む藤田紅良々(ふじた くらら)は小6でTOEIC980点を取得しました。『大人でも難しいのに小6で「TOEIC980点」』と題する動画で初めて知るようになりました。そんな素晴らしい成績は本当に珍しいと思います。大人になってから、多くの人は記憶力が弱まって、自由時間に余裕がないなどの理由で英語の勉強がむ難しくなりがちです。ですが、もし幼い頃からずっと英語の小説を読むならば、恐らく既に英語が上手になっていただろう。いつもご覧いただきありがとうございます。
Sep 20, 2021 3:15 PM
Corrections · 2
志村けんのウケる「英語の授業」の寸劇(すんげき) 今回は海外で人気の「英会話の授業 志村けん」についての記事を書いて投稿したいと思います。私は、かつて、この動画を見たことがあります。今日の午後、MEMRISE(メムライズ)で幾つかのカタカナで表記する言葉を勉強していた時に、この動画をいきなり思い出しました。これは日本語の記事を書くための相応しい素材だと思います。MEMRISEは語学学習ウェブサイトやスマホアプリばかりでなく、ユーザーに色々なことを学ぶことができるようにさせるウェブサイトやスマホアプリです。この英語教師のコントについて動画には多様(たよう)なタイトルがあります。例えば、「志村けん 英語教師のコント」、「英会話の授業 志村けん」、「志村けん-英語レッスン」、「志村先生の英語教室」などのタイトルです。 この英語の授業は、具体的に言うと、日本人の典型的な英語の発音を揶揄うみたいな寸劇です。日本人の典型的な英語の発音を揶揄ってはいますが、必ずしも悪意を抱いているわけではないと思います。主な出演者(しゅつえんしゃ)は志村けんという日本のコメディアン・お笑いタレント・司会者です。残念ながら、コロナ禍のせいで、昨年日本はこの素晴らしいコメディアンを失ってしまいました。志村けんに関するウィキペディア項目によると、彼は令和2年3月29日新型コロナウイルスの感染により死去してしまいました。この寸劇は「志村けんのだいじょうぶだぁ」と題するお笑いバラエティー番組から抽出(ちゅうしゅつ)されたものです。この番組の放送期間は昭和62年から平成5年でしたが、この寸劇は海外で一番人気がある志村けんの動画だそうです。動画の長さは、たった5分21秒ですが、視聴者の爆笑が伴う画面が頻りに現れるそうです。例えば、一人の外国人女子学生が立ち上がって、英語の標準語で英語の教科書の例文を読み上げましたが、志村けんは「ディス・イズ・マイ・ファザー」、「アンクル」と発音すべきだと教えました。次に、志村けんは一人の外国人男子学生の英語の標準語の発音も直して、「ディス・イズ・マイ・マザー」と発音すべきだと教えました。この寸劇についてオンラインの記事の一つによると、『教師役の志村けんが学生に「正しい英語の発音」を指導するコントですが、学生役は全て外国人』。志村けんの「正しい英語の発音」の指導は外国人学生を戸惑わせたそうです。これは「一般的に外国人は英語が日本人より上手」という印象を壊して、滑稽(こっけい)な場面に基づく寸劇だと思います。最後に、志村けんはクラス全体に立ち上がるよう頼みました。みんなは志村けんの頼みに従いましたが、英語の標準語で「OH MY GOD」を言いました。志村けんが「NO、NO、NO」と言った後、二回「オー・マイ・ゴッド」を言いながら自分の手首を教卓(きょうたく)につくと、クラス全体が彼の真似をしました。ただし、何人かの外国人女子学生は机に肘をつきました。この寸劇は海外で人気なので、海外の反応の動画がたくさん作成されました。確かに、志村けんは「歴史に残る天才」です。この寸劇は傑作(けっさく)だと思います。 この記事の目的は日本人の典型的な英語の発音を揶揄うことではなく、私はただウケるコンテンツを共有するために書きました。目的をしっかり理解するために、「カタカナ表記する言葉を勉強していた時に、いきなり志村けんの英語コントを思い出した」という事実を忘れないでください。日本語にはカタカナ表記する言葉がたくさんあります。ほとんどの外来語はカタカナ表記する言葉であり、元の言語の発音に似ていますが、異なるものもあります。例えば、「アイスクリーム」、「ハンバーガー」は英語の単語の発音に似ていますが、異なることがあります。私には「カタカナ表記は日本人の英語学習にどんなポジティブやネガティブな影響を与えるのだろうか?」という疑問が浮かんでいます。因みに、多くの日本人は、せっかく一生懸命英語を勉強しようとしているのに、相変わらず英語の発音が苦手だそうです。「日本人は英語が苦手」という既成概念とは異なり、子供の頃に英語がとても上手になった日本人が現実に存在しています。ご存知でしょうか?神戸市に住む藤田紅良々(ふじた くらら)は小6でTOEIC980点を取得しました。『大人でも難しいのに小6で「TOEIC980点」』と題する動画で初めて知りました。そんな素晴らしい成績は本当に珍しいと思います。大人になってから、多くの人は記憶力が低下して、自由時間に余裕がないなどの理由で英語の勉強が難しくなりがちです。ですが、もし幼い頃からずっと英語の小説を読んでいたならば、恐らく既に英語が上手になっていたことでしょう。いつもご覧いただきありがとうございます。
Sep 21, 2021 4:23 PM
Want to progress faster?
Join this learning community and try out free exercises!
アランシュウ
Language Skills
Chinese (Mandarin), Japanese, Other
Learning Language
Japanese, Other