アランシュウ
日中文化交流 エピソード3:二人の佐藤  中国東部の江蘇省(こうそしょう)に本部を置く江蘇衛星テレビで放送中の人気お見合い番組「縁来非誠勿擾」には国籍を問わずに色々な独身男女が登場します。このお見合い番組は中国の番組であるにも関わらず、何人かの外国人は登場したことがあります。例えば、日本人以外にも、アメリカ人、イギリス人、ロシア人、ウクライナ人、ウズベキスタン人などの外国人が登場したことがあります。ただし、登場したい外国人は一つの基準に適わなければなりません。即ち、「流暢に中国語を話す」ということです。24人の女性たちが舞台の上にランプの後ろに立ち、5人の男性たちが順番に登場し、「お気に入りの女性」を選び、自己紹介や恋愛経歴の動画を公開し、24人の女性と交流し、二人が「成功的に手を握り合います」または男性が「ランプが残らず舞台から退場します」。一人の司会者は番組の司会をしますが、二人のゲストは評論家になります。登場する女性たちは「ランプを付けたままにする」、「ランプを消す」及び「ランプを爆発させる」の権利があります。登場した名字が「佐藤」の二人の日本人の女性に関心が高いです。それに、このテーマについて友人の相談に乗りました。今回は、名字が「佐藤」の二人の日本人の女性についての記事を投稿したいと思います。この投稿は、「日中文化交流 エピソード3」となります。  東京都出身の佐藤未生(さとう みお)は平成27年12月5日にあった「第552期」から平成28年2月13日にあった「第562期」まで「縁来非誠勿擾」に登場していました。佐藤未生は平成27年前に早稲田大学政治経済学部を卒業しましたが、平成27年3月に留学生として北京で中国語の学習を始めました。この番組で彼女は中国語で自己紹介が苦手そうでした。なぜなら、彼女は「日本人」という漢字の発音が苦手そうでした。平成5年に生まれた佐藤未生は、私の同時代人だと思います。彼女の「恋愛宣言」は「中国人の男の子はもっと優しい」です。「第562期」で北京市出身の男性は佐藤未生と「成功的に手を握り合いました」。中国語で「手を握り合う」という表現は「お見合いを成功させる」という意味です。友人の印象では、この男は「インテリっぽいね!」。確かに、この男はいわゆる「インターネットのエリート」です。彼の自己紹介の動画によると、北京で自分のインターネット会社を創立しました。佐藤未生の発言は現場の観客を笑わせました。彼女は「あなたが出現した時に、私の元カレが来たと思いました。」と語り、「だから、私があなたに告げるのは、あなたは私の好きなタイプです。」と語り続けました。それは、友人によると、佐藤未生は典型的な日本人女性です。女性が東京都出身と男性が北京市出身ので、二人が「東北子ども」を産むことができるようになっていたと思います。前回の記事の一つで私が語った通りに、「東北子ども」を産むことは日中文化交流のステージの一つです。それに、二人の対話は日中文化交流に相当すると思います。その上、佐藤未生はウェイボーを利用します。  東京都出身の佐藤愛(さとう あい)は平成23年10月15日にあった「第172期」から平成23年12月24日にあった「第192期」まで「縁来非誠勿擾」に登場しました。佐藤未生とは異なり、佐藤愛は上海市で働いているシングルマザーであり、一人の男の子がいます。佐藤愛の自己紹介によると、彼女は「貿易公司副マネージャー」の役を務めるということでした。それに、佐藤愛は私の同時代人ではなく、おばさんです。彼女の恋愛宣言は「しおらしく良い妻、愛あれいい母」です。「第192期」で北京市出身の男性と佐藤愛と「成功的に手を握り合いました」。この男は「企業管理諮詢公司」で顧問の役を務めるということでした。「あなたは子ともを産みたいですか?何人を産みたいですか?」という佐藤愛の質問は観客を笑わせました。「第192期」で二人は「成功的に手を握り合いました」にも関わらず、二人はお互いに恋に落ちませんでした。それに、「成功的に手を握り合いました」があったエピソード後、二人は連絡を取り合い続けませんでした。私が知る限り、佐藤愛は平成28年再びこの番組に登場していましたが、特定のエピソードが分かりません。二人の対話は日中文化交流に相当すると思います。その上、佐藤愛はウェイボーを利用します。  要約すれば、二人の佐藤は幾つかの共通点と相違点があります。二人はどちらも東京都出身の女性であり、どちらも北京市出身の男性と「成功的に手を握り合いました」。二人はどちらも日中文化交流を促進している「ウェイボー」のユーザーです。佐藤未生は北京に留学した私の同時代人ですが、佐藤愛は上海で働いていたおばさんです。いつもご覧いただきありがとうございまた。
Nov 2, 2021 3:21 PM
アランシュウ
Language Skills
Chinese (Mandarin), Japanese, Other
Learning Language
Japanese, Other