加密货币比特币是个好主意吗?
429 are participating
私は暗号通貨ビットコインに関しては深い知識や経験を持っているわけではありません。数度しかお金として使ったことがなくて、ビットコインの仕組みを概ね理解しているぐらいです。なので、ビットコインについては私の意見を深く受け止めないでいただければと思います。 暗号通貨ビットコインには良い面もあれば良くない面もあると思います。 まず良い面としては、ビットコインの概念そのものです。通貨というのは普段銀行や政府など何らかの組織に管理されています。その組織が望めば、個人の所有しているお金を全部取り上げることができます。つまり、実際にお金をコントールしているのは組織で、個人がそのお金を持っているというのは法律という不確かなものによって守られている幻想だと言えるでしょう。一方、ビットコインは普通の通貨のように数少ない組織に管理されているのではなく、暗号理論に基づいた絶対的な真実として個人によって所有されています。 といっても、ビットコインが成り立つ仕組みには問題があります。それは何かというと、一つのビットコインを採掘するには大量の電気が消費されることです。しかもビットコインが採掘されるほど、必要とされる電気が増加してしまいます。その結果、現在ビットコインの採掘に消費されている電気は小さな国が消費する電気を超えていて、将来さらに酷くなるばかりだと予測されます。言い換えれば、ビットコインの価値はそれを生み出すだめのエネルギー量に比例し、環境保存に関しては大きな問題でしょう。 また、以上述べられた電気消費の問題が原因で、結果的に一番多くのビットコインを所有するのは、一番電気を所有する者達、つまり、現実に沢山のお金を持っている者達になるという問題があります。ビットコインネットワークには誰でも参加できます。でも、皆が対等だというわけではありません。ビットコインネットワークは結局、現実社会と同じように所得格差が見受けられます。
Jan 9, 2022 12:00 AM
2
0
これは諸刃の剣だと思います 2008年で金融危機に落ち込んだ騒がしい世の中にあって、「中本聪」に提出されたビットコインの概念は、画期的なものです。 通貨と違って、ビットコインは権威のある行政機構に発行されたものではありません。ビットコインは特定のアルゴルによって、大量の計算から生み出されたものです。 無数なノードに仕組まれたデータベースで取り引きを確認しながら記録し、暗号理論に基づく扱い方は、ビットコインの持ち主しか支払いことや転移すること出来ないようにさせて、取り引きの安全性を保障しました。 でも、ビットコンイ取り引きの匿名性を利用し、麻薬や軍需品など非合法なものを売ったり買ったりの人もたくさんいます。 安全な取り引き方法が、人に不安させるものの販売と購入に使われていたのです
July 22, 2021
5
0
Show more
Practice your learning language by audio/writing.
Recommendations