Minh
私は作文の感想を書きました。皆さんは直してもらえてください。本当にありがとうございます。
私にとって作文は面白いと思いました。小学校から中学校まで、毎週の作文対してよく興味があって、作文は簡単に自分が言いたいことを書くことだけです。短い文にしても長い文にしても自分の感想や考えなど述べるのはできます。大学に入るまでに、作文は段々と大変になってきました。日本語を勉強しているから、日本語で作文を書くようになります。(それから)、私は作文を書きがたい。
日本語とベトナム語が全く違って、それで自分の考えを伝えることはできないかもしれません。作文を書く度に、いつも何か不自然に感じられます。考えながらも提出した作文には、沢山赤線がありまいました。それは先生に[分かりにくい]とか、[表現が可笑しい]と言ってばかりでした。実は私にも可笑しいと思いましたが、直すのはとっても分かりませんでした。長い時間の間に、作文は、私にとっても怖いことでした。[どうしていつも私の作文が可笑しいですか]と毎日考えて、ある日に気が付きました。分かりにくの要因としては表記や文法、語彙の問題が考えられますが、文と文のつながりや話の筋の流の不自然に起因するところも多いように思います。表記ミスであれば多くの場合その場ですぐに訂正できるし、文法や語彙の誤用でもあれば訂正にあまり時間はかかりません。どころが、文法面で正しくとも、文の繋がらなければ違和感があります。理解はできた後、私はインターネットで日本語の書き言葉の特徴や、表現などについてもっと深く研究していて、文のつながりを注意するようにします。
作文を通じて、漢字を練習できて、表現を慣れて、単語を受けられます。作文がまた面白くなります。
Apr 2, 2019 3:01 PM
Comments · 5
どういたしまして。お役に立てたなら光栄です。
April 3, 2019
本当にありがとうございました<3
April 3, 2019
<font style="background-color: yellow;">
[どうしていつも私の作文<strike>が</strike><font style="background-color: yellow;">は</font><strike>可笑</strike><font style="background-color: yellow;">おか</font>しい<strike>です</strike><font style="background-color: yellow;">の</font>か]と毎日考えて、ある日<strike>に</strike><font style="background-color: yellow;">ようやく</font>気が付きました。分かりにく<font style="background-color: yellow;">い</font><strike>の</strike>要因としては表記や文法、語彙の問題が考えられますが、文と文のつながりや話の筋の流<font style="background-color: yellow;">れ</font>の不自然<font style="background-color: yellow;">さ</font>に起因するところも多いように思いま<font style="background-color: yellow;">した</font><strike>す</strike>。表記ミスであれば多くの場合その場ですぐに訂正できるし、文法や語彙の誤用でも<strike>あれば</strike>訂正にあまり時間はかかりません。<strike>ど</strike><font style="background-color: yellow;">と</font>ころが、文法面で正しく<strike>と</strike><font style="background-color: yellow;">て</font>も、文<strike>の</strike><font style="background-color: yellow;">が</font>繋がらなければ違和感があります。<font style="background-color: yellow;">それが</font>理解<strike>は</strike>できた後、私はインターネットで日本語の書き言葉の特徴や、表現などについてもっと深く研究して<strike>いて</strike>、文のつながりを注意するようにし<font style="background-color: yellow;">てい</font>ます。
作文を通じて、漢字<strike>を</strike><font style="background-color: yellow;">が</font>練習できて、表現<strike>を</strike><font style="background-color: yellow;">に</font>慣れて、単語を<strike>受け</strike><font style="background-color: yellow;">覚え</font>られます。作文がまた面白くなりま<strike>す</strike><font style="background-color: yellow;">した</font>。
</font><font style="background-color: rgb(255, 255, 0);"></font>
April 2, 2019
<font style="background-color: yellow;">
日本語<strike>と</strike><font style="background-color: yellow;">は</font>ベトナム語<strike>が</strike><font style="background-color: yellow;">と</font>全く違って、それで自分の考えを伝えること<font style="background-color: yellow;">が</font><strike>は</strike>できないかもしれ<strike>ません</strike><font style="background-color: yellow;">ないと思いました</font>。作文を書く度に、いつも何か不自然に感じられます。<strike>考え</strike><font style="background-color: yellow;">悩み</font>ながらも提出した作文には、沢山赤線が<strike>ありまい</strike><font style="background-color: yellow;">引かれてい</font>ました。<strike>それは</strike>先生に[分かりにくい]とか、[表現が可笑<font style="background-color: yellow;">おか</font>しい]と言<strike>って</strike><font style="background-color: yellow;">われて</font>ばかりでした。実は私<font style="background-color: yellow;">自身</font><strike>に</strike>も<strike>可笑</strike><font style="background-color: yellow;">おか</font>しいと思いましたが、直<strike>すのは</strike><font style="background-color: yellow;">し方が</font><strike>とっても</strike><font style="background-color: yellow;">まったく</font>分かりませんでした。長<strike>い時間の</strike>間<strike>に</strike>、作文は、私にとって<strike>も</strike>怖い<strike>こと</strike><font style="background-color: yellow;">もの</font>でした。

</font>
April 2, 2019
<font style="background-color: yellow;">
私にとって作文は面白い<font style="background-color: yellow;">ものでした</font><strike>と思いました</strike>。小学校から中学校まで、毎週の作文<font style="background-color: yellow;">にとても</font><strike>対してよく</strike>興味があって、作文は簡単に自分が言いたいことを書くことだけ<strike>です</strike><font style="background-color: yellow;">でした</font>。短い文にしても長い文にしても自分の感想や考えなど<font style="background-color: yellow;">を</font>述べる<font style="background-color: yellow;">ことが</font><strike>のは</strike>できま<strike>す</strike><font style="background-color: yellow;">した</font>。<font style="background-color: yellow;">でも、</font>大学に入るまでに、作文は段々と大変になってきました。日本語を勉強しているから、日本語で作文を書くようになります。(それから)、私は作文を書<strike>き</strike><font style="background-color: yellow;">くのが</font><strike>がたい</strike><font style="background-color: yellow;">むずかしくなってきました</font>
</font>
April 2, 2019
Minh
Language Skills
Japanese, Vietnamese
Learning Language
Japanese