[Deleted]
ジェネレーションX、Y、Zの一番大きな違いは、育てる環境だと考える。国ごとと年代別でテクノロジーの向上と生活条件の改善などによって、成長経験、思考、行動や対人関係などの捉え方も異なりが生じる。以下では各ジェネレーションにおける消費傾向を焦点として、自分から観察したものを紹介する。 まずはジェネレーションX。第二次世界大戦後の1960〜1970年代に生まれた世代である。この時期特に私の国では「アジア四小龍」と呼ばれ、発展途上国として経済力を鰻登り、経済には余裕の持って生きられるのである。従ってジェネレーションXは、ものに対して品質な実用性を求め、買うなら優れるもの、自分の身分を示せるものに要求が高い傾向があるとのことだ。 次は約1990〜2000前後に生まれたジェネレーションY。前の世代に比べよりデジタルものに慣れてる世代とも言われる。パソコンやスマートフォン、抵抗なく使い方を習得でき、かつ情報の提供もこの時代から増えるため、情報を見分けられ、自分の要求に応じ適するものを探すのは得意だと考える。 最後は2000年後のジェネレーションZ。完全なデジタル世代とも呼ばれ、デジタルとは生まれた時から馴染むこと。そのため情報の収集力の優れさと、新技術の習得力は前の世代より上手だ。そして情報の行き流れの速さで、品質より新しい、珍しいものを求め、消費の意欲と頻度は他のと比べて高い傾向があると見られる。 以上をまとめると、各ジェネレーションの違いというのは、育てる環境の違いことで、人にどのような影響を与えると、その影響によって思考と行為の差異、とも言えるのではないかと考えている。
Jan 30, 2023 2:58 AM
Corrections · 2
1
ジェネレーションX、Y、Zの一番大きな違いは、育った環境だと考える。国ごとや年代別、テクノロジーの向上と生活条件の改善などによって、成長経験、思考、行動や対人関係などの捉え方も異なりが生じる。以下では各ジェネレーションにおける消費傾向を焦点として、自分から観察したものを紹介する。 まずはジェネレーションX。第二次世界大戦後の1960〜1970年代に生まれた世代である。この時期は特に私の国では「アジア四小龍」と呼ばれ、発展途上国として経済力が鰻登りで、経済的に余裕の持って生きられたのである。従ってジェネレーションXは、ものに対して品質などの実用性を求め、買うなら優れるもの、自分の身分を示せるものに要求が高い傾向があるとのことだ。 次は約1990〜2000前後に生まれたジェネレーションY。前の世代に比べて、よりデジタルものに慣れてる世代とも言われる。パソコンやスマートフォンを抵抗なく使い方を習得でき、かつ情報の提供もこの時代から増えるため、情報を見分けられ、自分の要求に応じ適するものを探すのは得意だと考える。 最後は2000年後のジェネレーションZ。完全なデジタル世代とも呼ばれ、デジタルとは生まれた時から馴染んでいる。そのため情報の収集力に優れ、新技術の習得力は前の世代より上手だ。そして情報の行き流れの速さで、品質より新しい、珍しいものを求め、消費の意欲と頻度は他のと比べて高い傾向があると見られる。 以上をまとめると、各ジェネレーションの違いというのは、育てる環境の違いことで、人にどのような影響を与えると、その影響によって思考と行為の差異、とも言えるのではないかと考えている。
それぞれの世代の特徴をしっかりととらえているので、とてもわかりやすかったです。
Jan 31, 2023 3:34 AM
Want to progress faster?
Join this learning community and try out free exercises!