777 are participating
テクノロジーの進化は常に正義なのか?
テクノロジーの進化により、多数の人に「助けられた」と思わせられ、社会貢献に達したと認められるとあれば、「正義」だと考える。 正義とは、世間に有意義、向上な変化を与えることと知られており、なるべく最多人数にその変化をもたらすために、理念として行動を促すことである。 18世紀の産業革命以来、テクノロジーの進化によって、世界経済は飛躍的に上昇し、生活品質にも改善した上で、世界人口は2022年まで80億人にも突破という大きな発展を至った。 しかし、新たなテクノロジーが誕生した時、代わりにとある職種がなくなることも事実である。例えば私の国では2000年代から、高速道路の料金収受は全面的にデジタル化になり、収受員という職業が私の国から消えてしまった。すなわち、テクノロジーの進化は「常に」正義とは言えない。多数の人の福祉をもたらすとともに、少数の人の利益が犠牲にされた。 正義という概念には良し悪しが存在する。テクノロジーは生活に幅広く利便性や向上を示したが、その同時に何かの変化が起こされる。そのため、テクノロジーの進化は社会に与えた良し悪しの程度差によって、社会中の多数者に有意義な変化を引き起こす点から考えれば、正義の目的が達成したとも言えるだろう。
March 7, 2023
1
0
Show more
Practice your learning language by audio/writing.
Recommendations