Ebeveyninin seninle gurur duyduğu, yaptığın en iyi şey neydi?
643 are participating
あれは高校の時の話です、大学入試の成績が出た日、僕は全国トップ3%の成績を取りました、家族の皆んなはあの時に泣いたった。きっとあの時に、親は僕が彼らの誇りだと思いましたね。 高1の時、僕は反抗期で、最初の高校もめっちゃ悪いで、学校の中に不良がいっぱいあるし、時々学生がトイレでドラッグをすることもあリます。そんな環境の学校に行ったから、僕は親と家族の話は全然聞きませんでした。あの時の僕はいつも授業をサボって、先生と親と喧嘩し、悪い学生と殴り合い、全然勉強しない、周りの皆んなは僕が学生として、息子として失格ですと思いました。父はいつも僕に怒っていました、「あんたみていな人間は大学に絶対合格しないから、さっさと仕事を探せ」って僕に言いました。母さんもあの時の僕は大学入試が合格するなんて信じません。今は親を理解することができますけど、昔の僕は親が私のことが嫌いだと思っていて、よく親に失礼な言葉を言います。今思えば、あの時の僕は本当にクズ見ていな人間でした。 人生が迷う時に、あの先生と会いました、そして、彼女は僕の人生を変えた。たとえ僕はそんなダメ人間でも、先生は僕のことをずっと信じて、勉強のサポートをして。誰にも認めもらえない僕に「あんたは絶対にできる、自分の事を信じろ」って言いました、私は大感動しました。そして先生の支持を応えるため、親に僕の能力を証明するために、僕は一生懸命に勉強しました。そして、高2の時に、良い私立高校に転校しました、そして大学入学試験で良い成績をもらいました。
July 15, 2021
4
0
Show more
Practice your learning language by audio/writing.
Recommendations