АлександрПуговкин
そんな映画は「愛と鳩」と思います。映画の設定は村にあります。鳩を飼った男性は家族から出張先に行きます。あそこ別の女と恋愛を始めます。映画は面白くて、可笑しくて、悲しいます。全部ロシアの人のために分かる(ウクライナの人やベラルシの人などです)家庭のシーンは映画にたくさんあります。そして、西の映画はよく嘘するから 、戦争について映画を見ることをお勧めます。例えば「彼らは祖国のために戦った」や「クレーンが飛んでいる」です。そして、BalabanovAlexeyの映画をお勧めます。
Oct 4, 2021 6:52 AM
Corrections · 1
そんな映画は「愛と鳩」だと思います。 「だ」は時々省けるけど、文章のときは入れるといいよ。 映画の設定はとある村です。鳩を飼った男性は家から出張先に行きます。そこの別の女性と恋愛を始めます。映画は面白くて、可笑しくて、悲しいです。 ロシア近郊国の全部の人が分かる(ウクライナの人やベラルーシの人などです) これはCIS系の国というか、関係国だよね。 家庭のシーンは映画にたくさんあります。 そして、西洋の映画はよく嘘をつくから、 笑 「嘘を―つく」と言う。 戦争についてのロシアの映画を見ることをお勧めします。例えば「彼らは祖国のために戦った」や「鶴は翔んでゆく」です。そして、Balabanov Alexey の映画をお勧めします。 「鶴は翔んでゆく」は聞いたことがある。「僕の村は戦場だった」は、原作本が実家(育った家)にあったよ。 https://jp.rbth.com/arts/84920-roshia-sensou-eiga https://movies.yahoo.co.jp/movie/14972/
Oct 4, 2021 12:13 PM
Want to progress faster?
Join this learning community and try out free exercises!
АлександрПуговкин
Language Skills
Japanese, Russian
Learning Language
Japanese