Suhyun
「してる」と「している」の違い? こんばんは、皆さん! だいぶ前から知りたいと思ってきた質問です。 「してる」と「している」 「雨が降ってる」と「雨が降っている」 違いは「い」が省略されているのかないのかですね。 今までは別に違いがあるんだとは思わなかったですが、このサイトの添削で、ただの「る」が「いる」に校正されているのを見て、なんかルールとかがある!と気づきました。 この二つの例で、文法的に間違っているのがありますか? あったらどんなルールがあるのでしょうか? よろしくお願いします!
Jan 17, 2017 8:58 AM
Answers · 5
こんにちは。「~している」と「~してる」には、意味の違いはありません。 「お昼ご飯を食べてる」=「お昼ご飯を食べている」 「本を読んでる」=「本を読んでいる」 「雨が降ってる」=「雨が降っている」 ただし、正しい日本語は「~している」の方です。 「~してる」という言葉は、「い抜き言葉」と呼ばれています。 話す時や、友達とメッセ―ジのやりとりをするときにこれらを使っても全く問題ありません。 わたしたちネイティブも、むしろ「~してる」のほうが日常で頻繁に使っていると思います。 しかし、丁寧な手紙やメッセージを送るとき、またはテストのときにはきちんと「~している」と書いた方がいいと思います。 日本語学習がんばってください!
January 17, 2017
괜하지 않다 と 괜찮다 のどちらが「正しい」か、という問いは、おそらく不自然な問いだと思います。それと同じで「見ている」と「見てる」は、どちらも「正しい」日本語だというのが私の意見です。 ミノリさんも書いておられるように、文章で使う言葉としては「〜ている」が「正しい」とされています。(このサイトで「〜てる」が「〜ている」に直されていたのは、それが文章として書かれた日本語だったからでしょう)。しかし口語の日本語では、ほぼ100%「てる」が使われており、「ている」が使われることはまずありません。(例外はニュースの原稿ぐらいです)。活用としても「見てます」「見てました」「見てません」等々で、「い」が入るとむしろ不自然に聞こえると思います。ですから、どちらが正しいかと言うよりも、文語と口語で使い分けるのだと考えた方が、実情に合っていると思います。
January 17, 2017
Still haven’t found your answers?
Write down your questions and let the native speakers help you!