Rafael
「Vない+ものだ」は「Vる+ものではない」と同じ意味があるの? 「ものだ・ものではない」という文法構造を練習している時、「Vる+ものだ」と「Vる+ものではない」の例文が多かったですが、時々「Vない+ものだ」のを見ました。 しかし、「Vないものだ」は「Vるものではない」と同じ意味だろうと思ったから迷ってきました。 例えば: 例:「病院のお見舞いに、鉢植えの花は持っていかないものですよ。」 これを、「病院のお見舞いに、鉢植えの花は持っていくものではありませんよ」に変えたら、どうですか。それとも、自然な日本語ですか。 そして、「Vるものではない」を「Vないものだ」に変えたらまだ同じ意味がありますか。例えば: 例:「無駄遣いをするものではない。お金は大切にしなさい。」 これを「無駄遣いをしないものだ。お金は大切にしなさい。」に変えたらどうですか。 どうもありがとうございます! 加え:一つの表現しか使えない場合がありますか。どれででしょうか。
Nov 5, 2018 11:08 PM
Answers · 4
>これを「無駄遣いをしないものだ。お金は大切にしなさい。」に変えたらどうですか。 That works, Everybody understand what you mean, but, In this context, I would say: 「無駄遣いをしないことだ。お金は大切にしなさい。」 ※: http://fanblogs.jp/rightmusic/file/image/_20161005_172859.JPG https://www.youtube.com/watch?v=sggl4S4Ga_w I will tell you the reason later
November 6, 2018
Still haven’t found your answers?
Write down your questions and let the native speakers help you!
Rafael
Language Skills
English, Hebrew, Japanese, Spanish
Learning Language
Hebrew, Japanese