ما رأيك بخصوص شعار 'لا تجارة لا قتل'؟
257 are participating
「貿易なし、殺害なし」って言葉は僕が認めています。動物製品の市場はまだ存在すれば、動物を殺す行為を止めることができない。 しかし、どうやってその問題を解決するですか。まずは、皆んなさんに一つ質問が提出しましょう、「なぜ豚は絶滅の危機がなくて、象の数はずっと減り続けていますか」。その原因は豚の所有権は明白でも、象の所有権は明白ではありません。 つまり豚肉 の 需要が大きく 、大量の豚肉を供給するために、多くの人が豚飼いに転身し、生産量を増やそうと努力しています。しかし象は違う、象は誰の財産でもなく、国の財産です。 一つに例はジンバブエです。データによると、ジンバブエは上世紀の80年代の時、色々な密猟者が象を殺す、そして象牙を市場に持って売りますから、象の数は急に激減しました。そして象を守るために、ジンバブエはある政策を提出しました、その政策は象を私有化します。そうすれば、象はそれぞれの村の私有物になり、村の人が合法的に象を狩ることができます、そして村の居民は全部の利益をもらいます。同じように象を殺す、じゃなぜジンバブエ政府をこんな「バカ」のような政策を提出したんですか。実は中に大きな違いがあります。もし密猟者達は象を殺しなら、金は全部彼なのポケットに入り、この時象は共有資源で、誰でも象を守るのを考えない。これは有名な「free rider」の問題です。(一部分の人は公共交通に乗る時、「他の人は政府の公共交通機関に払うから、私は別に払わなくてもいい」と思っていて、そして金を払わない行為です)。密猟者も同じことを考えています、「政府は象を守りますから、僕らは特に象を守る必要がない」って象を殺し続く。でも、象を私有化をしたら、村の人も象を殺しても、「象は国の財産ではなく、僕自分の財産です」って思いながら、象、つまり彼らの「金づるの木」をちゃんと守ります。 そして、歴史がこの政策は有効であることを証明しました。90年代まで、ジンバブエがいる象の数はこの10年で2万から8万まで増やしました。 まとめると、パンダを守るために、僕に一匹をあげろうよう。草
July 17, 2021
3
0
Show more
Practice your learning language by audio/writing.
Recommendations